ESD-Jとは

2015年、ESDのセカンドステージが始まりました。ESD-Jは国連ESDの10年(2005-2014)の成果と課題をふまえ、ESDがもっと全国津々浦々に広がっていくことを願い、マルチスーテークホルダーによるESD推進の仕組み作りに取り組んでいきます。