第2期ESD国内実施計画へのESD-Jの対応について(意見募集)

会員の皆様へはメーリングリスト等でお知らせいたしました通り現在、第2期ESD国内実施計画(以下「国内実施計画」と言う。)については、現在パブリックコメントが行われています。ESD-Jは、昨年来、国内実施計画について理事会を中心に検討を進め、第1回、第2回のESD円卓会議(2020年12月、2021年2月)やESD推進ネットワーク全国フォーラム(2020年12月)、日本ESD学会シンポジウム(2021年2月)において、また、直接文部科学省、環境省と意見交換をする場を通じて、以下のような意見を表明してきました。

・SDGs実施施策におけるESDの反映
・マルチステークホルダーによるESD推進体制の強化
・ESD円卓会議、ESD関係省庁連絡会議の強化と一層の活用
・ESDに関する政府との市民社会組織等との意見交換の場の設定
・ESD推進ネットワークの更なる推進と・重層的なレベルにおけるマルチステークホルダーの交流の場づくり
・社会教育の推進、ESDコーディネーターの配置への政策的支援
・DX活用を含むSDGs・ESDに関する教員研修
・気候変動、防災・減災等重要課題に関する研修の充実
・種々の国内・国際的な場での若者の積極的な参加・貢献の支援
・SDGs未来都市と地域ESD拠点等との連携促進
・日本のESDの国際的発信強化
・withコロナ、postコロナにおけるESD、グリーンリカバリー
・国内実施計画に対するパブコメの実施 等
・女性のエンパワーメントの推進の明示
・大学等高等教育機関の役割の強調

そのようなESD-Jの意見の多くは、パブリックコメントに出された国内実施計画(案)に反映されており、ESD-Jとしては、SDGsとESDの繋がりを明確化している点、マルチステークホルダーのパートナーシップを重視している点、個人の変容と社会の変革を目指すことを明示している点等に鑑み、この案を高く評価しています。

そのような立場に立ちつつ、パブリックコメントに際しては、以下に示すように、国内実施計画(案)のさらなる改善に向けた意見を表明するとともに、国内実施計画に基づく具体的な施策の展開に向けた意見を表明することとしたいと考えています。

【国内実施計画(案)のさらなる改善に向けた意見(案)】

・マルチステークホルダーによるESDの推進に関し、地域レベルにおける町内会、婦人会
等を含む市民社会及び市民社会組織の重要性をさらに強調すること。
・パートナーシップの促進に向けて、各ステークホルダーの取組に関する情報発信の強化
だけでなく、情報の共有と協働の機会の創出を推進すること。
・第3期教育振興基本計画をふまえ、高等教育機関におけるESDの重要性について強調すること。
・「社会開かれた学習課程」の重要性について言及すること。
・その他数か所における表現の修正等を行うこと。

【国内実施計画策定を踏まえた具体的な施策の展開に向けた意見】

① SDGs・ESDに関する基本的な知識の周知・研修の充実
・新学習指導要領の実施を踏まえた学校教員に対する組織的研修
・大学におけるSDGs・ESDに関する教育・研究の推進
・SDGs未来都市を含む自治体向けのSDGs・ESDの啓発・研修の強化
・企業向けSDGs研修
・公民館や博物館等の社会教育施設を活用した一般市民向けSDGs・ESD講座の充実
・それらのSDGs・ESDの啓発や研修を推進するためのコーディネーターの確保

② 気候変動、生物多様性、防災・減災・復興、ライフスタイル変革等個別課題への取組の
ためのプログラム、教材等の整備とそれらへのアクセスの確保(アーカイブの開発等)
③ ESD推進ネットワークを活用した地域でのマルチステークホルダーの対話の推進
④ ESD推進ネットワークとユネスコ未来共創プラットフォームとの連携と相互補完の仕組みづくり
⑤ ESDに関する政府と幅広いステークホルダーとの定期的な意見交換の場づくり
⑥ 中高生を含めたユース世代の発信の場の拡充と、国際会議等への参加のための各種支援の実施
⑦ 我が国の先駆的な取組の国際的発信を促進するための仕組みづくり、具体的には国際会議への参加支援、国際協働研究のための資金提供等
⑧ ESD-Netへの多くの国内ステークホルダーの参加促進に向けた情報提供その他の措置

現在ESD-Jでは、上記の意見(案)を踏まえ、理事会で最終的に提出する意見の検討を進めています。

会員の皆さんも、ご意見を提出いただければ幸いです。直接ご意見を提出いただくことも可能です。

もしESD-Jを通じて意見を出したいと考える場合には、以下の事項について下記ESD-J事務局アドレス宛に5月5日(水)午前中までにご意見をお出しいただくようお願いします。

1.ご氏名:
2.ご所属:
3.連絡先メール:
4.連絡先電話:
5.ご意見:

◆送付先:jimukyoku★esd-j.org(★を@に変換してお送りください)

パブリックコメントの提出方法は下記のリンクよりご確認いただけます。

◆該当ページリンク:
https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=195210001&Mode=0

◆受付締切日時 2021年5月7日0時0分

◆意見募集要領
・意見公募要領   https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000217832
・第2期ESD国内実施計画(案)  https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/PcmFileDownload?seqNo=0000217833