[ESD-Jメルマガ]  Vol.054 (2022年9月第1週号)

[ESD-Jメルマガ]  Vol.054 (2022年9月第1週号)
発行元:持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)
発行日:原則毎週(木) / 配信先 190件
*******************************************************************

ESD-J会員の皆様
いつもお世話になっております。さて、今週のメルマガ配信です。
>>>—————————————————————————
<目次>
【1】 【参加者募集】2022年度 ESD-Jオンラインセミナーシリーズ「税とサステナビリティ」
~お金と持続可能な社会の関係を考える~ (チラシ添付)
【2】 助成金・アワードのお知らせ
【3】 イベント・研修のお知らせ
【4】 その他
【編集後記】事務局より
———————————————————————————–<<<

【1】 【参加者募集】2022年度 ESD-Jオンラインセミナーシリーズ「税とサステナビリティ」
~お金と持続可能な社会の関係を考える~ (チラシ添付
NPO(社団・財団)は利益を目指していないから、会計処理も税金も関係ない・・・そんなふうに思い込んでいませんか?社会で機能するには、会計報告と税金の知識・処理は最低限必要
になります。そのため本セミナーシリーズでは、社会でのお金の流れや税の仕組みが、我々の目標とする持続可能な社会作りとどう関わっているのか、現実的に持続可能な社会作りを進めるために、会計報告と税をどう活用できる可能性があるのかを基本から学びます。さらには理想のあり方への議論を試みたいと思います。お気軽にご参加ください!

第1回 「公益法人の会計の基本」
公益法人制度とNPO法人制度ってどこが違うの?会計処理って普通の企業と同じじゃないの?
という素朴な疑問について、NPO法人の会計を中心に基本の「キ」から解説いたします。
1. 日時:9月29日(木)18:00-19:30
2. 講師:江副 裕美(えぞえ ひろみ) 税理士
3. ファシリテーター:浅見哲税理士、税理士法人魁代表、ESD-J監事
4. 詳細・チラシ:https://www.esd-j.org/news/11952
5. お申し込み:https://forms.gle/1eSHMMnkN6gGjEVW9

【2】 助成金・アワードのお知らせ
<助成金>
(1)SOMPO福祉財団「組織および事業活動の強化資金助成」
社会福祉の活動を行う非営利団体を対象に、組織や事業の基盤強化につながる、新たな事業や既存の事業の拡充・サービス向上を行う際に必要な費用を助成します。
1. 募集期間:2022年9月1日(木)~10月7日(金)
2. 詳細:https://www.sompo-wf.org/jyosei/images/kibankyouka_bosyuyoukou.pdf

(2)セブンイレブン記念財団「環境市民活動助成」 
1. 地域美化助成の募集期間:2022年9月15日(木)~10月5日(水)
2. 活動助成、NPO基盤強化助成の募集期間:2022年10月11日(火)~10月31日(月)
3. 詳細:https://www.7midori.org/contents/wp-content/uploads/2022/08/panphlet2023.pdf

(3)あしたの日本を創る協会「地域活動団体への助成 ”生活学校助成”」
近所の一人暮らしのお年寄りや子どもたちの見守り、ごみの収集や資源リサイクル活動など、身近な地域や暮らしの問題に取り組むグループの皆さま、生活学校に参加してみませんか? 生活学校の趣旨に賛同し、参加を希望する地域活動団体の募集を行い、当協会から活動経費の助成を行います。
1. 応募・申請期間:2022 年 10 月 31 日 (月)
2. 詳細:http://www.ashita.or.jp/sg2.htm

(4)第 33 回「コメリ緑資金 助成」-2022 年度
■ 自然環境保全活動 A 原生の状態を維持している山林など
■ 里地里山保全活動 B 原生的な自然と都市の中間に位置する里地里山など
■ 緑化植栽活動 C 都市の緑地帯など
1. 応募・申請期間:2022 年 10 月 31 日 (月)
2. 詳細:http://www.komeri-midori.org/koubo/img/2022/volunteer2022.pdf

(5)日工組社会安全研究財団「県域安全事業」 -2023 年度
公益財団法人日工組社会安全研究財団(以下「当財団」という。)は、人々が犯罪と関わりなく安全かつ安心して生活できる社会の実現を目指しています。そのため、同じ目的を有する団体の活動を助成によって支援します。助成は、犯罪の予防活動を中心に、少年非行防止・被害者支援等の活動を対象とします。
1. 応募・申請期間:2022 年 10 月 14 日 (金)
2. 詳細:https://www.syaanken.or.jp/wp-content/uploads/2022/07/2023_youkou_keniki.pdf

(6)瀬戸内オリーブ基金「ゆたかなふるさとをつくる 瀬戸内オリーブ基金助成事業」-2022 年度
瀬戸内オリーブ基金の助成事業は、全国のみなさまからのご寄付を、瀬戸内海エリア (※) で活動している環境活動団体に届け、その活動成果を瀬戸内海エリアに還元するものです。瀬戸内海は、世界でも有数な閉鎖性海域であり、日本一広大な国立公園です。この土地が本来もつ海と森との絶妙な関係や自然と共存できる環境は、日本を象徴する美しいふるさとです。当基金では、瀬戸内海の豊かな自然・ふるさとを子どもたちに残すために活動している環境保全活動団体および環境教育活動団体を支援しています。※ 瀬戸内海エリアとは、河川水が瀬戸内海に流入する地域をいいます。具体的には、愛媛県、香川県、徳島県、大分県、福岡県、山口県 (一部対象外)、広島県、岡山県、兵庫県、大阪府 (滋賀県、京都府、奈良県の一部を含む) 、和歌山県。
1. 応募・申請期間:2022 年 9 月 30 日 (金)
2. 詳細:https://www.olive-foundation.org/activity/activity-418/

(7)生協総合研究所「アジア生協協力基金 一般公募助成」‐2023 年度
1. 対象:アジア・太平洋地域で実施される事業。社会的に脆弱な立場や経済的に困難な状況に
置かれた現地の人々を、主要な受益対象者とした事業。現地の人々の主体的な参加と協同・組織化を促進し、現地の人々の社会的自立・経済的自立を目的とした事業
2. 詳細:https://ccij.jp/jyosei/pdf/220727_01_01.pdf
3. 応募・申請期間:2022 年 10 月 31 日 (月)

<アワード>
(1) 第18回 エコツーリズム大賞(環境大臣賞)
エコツーリズム大賞とは:エコツーリズムに取り組む事業者、団体、自治体などを対象に、優れた取組の団体・個人を表彰し、 広く紹介するもので、全国のエコツーリズムに関連する活動の質的・量的向上及び、 情報交換等による関係者の連帯感の醸成を図ることを目的としています。
1. 応募・申請期間:11月30日(水)まで
2. 詳細:https://ecotourism.gr.jp/award

(2)毎日新聞社 第 12 回「毎日地球未来賞」-2022 年度
食料、水、環境の 3 つの分野のうち、1 分野での活動、あるいは複数の分野にまたがる活動、いずれも選考対象となります。国内、海外いずれの活動も対象です。
1. 応募・申請期間:2022 年 10 月 4 日 (火) まで
2. 詳細:https://www.mainichi.co.jp/event/aw/chikyumirai/

【3】イベント・研修のお知らせ
<イベント・研修>
(1) 気候変動とジェンダー問題はつながっている?!?私たちに今できること?
年々上昇する気温、豪雨による災害・・・気候変動の影響は、私たちの生活に深く関わっています。そして、それはジェンダーの問題にもつながりがあります。講座を通してそのつながりを知り、今私たちができることを考える機会にしてみませんか。
1. 日時:2022年9月11日(日)13:00-14:30
2. 会場:(1)自宅等(Zoomによるオンライン受講)、(2)ゆいぽーと5階研修室
3. 講師:遠藤 理紗(えんどう りさ)氏
4. JACSES気候変動プログラムリーダー/事務局次長
5. 詳細:https://g7-cso-coalition-japan-2023.mystrikingly.com/blog/20220911-hiroshima-webinar

(2)「第3次女性・平和・安全保障に関する行動計画の策定に向けた NGO・市民社会との対話」
8月9日に,「第3次女性・平和・安全保障に関する行動計画の策定に向けた NGO・市民社会との対話」を実施し,参加者の皆様から様々なご意見を頂戴いたしました。その際,第3次行動計画策定に向け,更なる意見交換の場が必要をご意見を賜りました。 つきましては、引き続き市民社会の意見を参考にさせていただきたく、ご案内させていただきます。
1. 日時:令和4年9月9日(金)15:00ー16:00
形式:オンライン形式での意見交換 (オンライン会議には10分前から入室いただけます)
対象者: 本意見交換に当たっては、行動計画の見直しのために、とりわけ現場での経験を踏まえたご意見を頂く観点から、女性・平和・安全保障分野における実務経験や知見がある方を募集します。具体的には、以下の分野における十分な実務経験・知見を有する方にご参加頂くものとします。
2. 女性・平和・安全保障分野、紛争影響国あるいは主として海外での自然災害での人道・復興支援、開発援助、PKO等の国際平和協力・平和構築分野、又は難民支援分野、政府開発援助やPKOにおけるジェンダー、女性参画の視点を持った政策・事業、国連安保理決議第1325号「女性・平和・安全保障」及び関連決議、国内における女性・女児への暴力防止のための取組
3. 詳細: https://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/hr_ha/page24_001923.html

(3) ジャマイカ独立60周年記念公開イベント-Jamaica 60: New Frontier of JJ Partnership-日本とジャマイカの交流を深めよう!
前半はジャマイカ派遣の元JICA海外協力隊によるトークを行い、後半はジャマイカ音楽と和を融合した「Reggae Bon Bonプロジェクト」によるジャマイカの「レゲエ」のリズムにのせたオリジナル楽曲と、日本の「盆踊り」を融合させた新しいパフォーマンスが世界初披露されます。
1. 日時:2022年9月17日(土)14時から15時
2. 場所:JICA市ヶ谷ビル 2階 国際会議場&Zoomによるオンラインの同時開催
3. ゲスト:ショーナ-ケイ・M・リチャーズ閣下(駐日ジャマイカ大使館特命全権大使)
4. パフォーマー:Reggae Bon Bonプロジェクト
5. 詳細:
会場参加> 
オンライン参加> 

(4)Friendship Trade-24年間の友情が紡いだパートナーシップ-
24年に渡り、WE21ジャパンはフィリピンの山で暮らす人々の健康を守る保健活動を、助成金支援からフェアトレードでの支援に続き応援してきました。こうして紡がれた、”支援の関係を超えた”友情のパートナーシップについて、現地パートナーや、山岳民族の人びとのお話も交えながら振り返っていきたいと思います。
1. ゲスト:アイダ・バヤンガン・ディングルさん
2. 日時:2022年9月6日(火) 13:30-16:00
3. 会場:1)かながわ県民センター304号室(先着40名)、2)オンライン(Zoom)
4. 詳細:こちら

(5)オンライン現地報告:激動の1年を超えて~アフガニスタンで平和を作り続ける~
アフガニスタンにおいて、ターリバンが実権を掌握してから一年が経ちました。昨年8月末、アーユスは「緊急報告会:急変するアフガニスタンの現場から」と題して、現地NGO「Your VoiceOrganization(YVO)」から現地の状況をお伝えしました。あれから一年、以前にも増して多くの困難に直面しながらも粘り強く活動を続けてきたYVO。
この間の状況、YVOや地域の人たちの活動の成果や苦労、そして願いを伺いたいと思います。
1. 日時:2022年9月8日(木)19:00-20:30 オンライン
2. 詳細:http://ngo-ayus.jp/activity/training/ayus_seminar/22afghanistan/

(6)フィリピンの路上の若者と語ろう!~”Project Bamboo” しなやかに未来を切り拓く~
(主催:アジア・コミュニティ・センター21)
私たちアジア・コミュニティ・センター21(ACC21)は、2018年から現地NGO・チャイルドホープとともに「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト:Project Bamboo」に取り組んでいます。これまでに約100人の若者たちがプロジェクトに参加し、就職や起業に必要な知識や技術を学んできました。自立をめざす路上の若者たちが子ども時代をどのように暮らしてきたか、そしてコロナ禍の今どのように過ごしているのか、直接話を聞いてみませんか?
1. 【日時】2022年9月13日(火)16:00-18:00(開場:15:40)オンライン(zoom)
2. 詳細:https://acc21-2022sep13.peatix.com/

(7)連続セミナー2022(全7回)「外国人人権基本法」を作ろう!第3回「外国人労働者政策の根本的転換
と人権基本法」(主催:外国人人権法連絡会)
1. 日時:2022年9月20日(火)19:00?20:30 オンライン
2. 講師:旗手 明さん(自由人権協会理事/外国人人権法連絡会運営委員/移住連運営委員)
3. お申し込み:https://forms.gle/irszkihPWjSRhnF69 (締め切り:9月18日)
4. 詳細:https://migrants.jp/news/event/20220822.html

(8)PLASチャンネル「『あげる支援』から『つくる支援』へ~アフリカの子どもたちが前向きに生きられる社会を目指して~」
PLASチャンネルでは、アフリカのウガンダとケニアで活動するエイズ孤児支援NGO・PLASの活動をお伝えします。今回は、PLASが取り組んできた課題と現在のプロジェクト、これから挑戦したいことを事務局長の小島がお伝えします。「アフリカの子どもたちが抱える課題って?」「現地の方々が本当に望む支援とは?」「いま私にできることはなんだろう」私たちにできる身近な国際協力について、一緒に考えてみませんか?
1. 日時:2022年9月13日 20:00 – 21:00
2. 詳細:https://peatix.com/event/3334192/view

【4】その他
来年広島で開かれるG7サミットに合わせて市民社会7(C7)も開かれます。C7は、G7の公式エンゲージメント・グループのひとつで、国際的な市民社会からの立場を代表するもので、わが国では来年のC7の国内対応に向けて、C7市民社会コアリション2023が設立され、ESD-Jも参加しています。このたび、今年ドイツで開かれたG7サミットに合わせて開かれたC7サミットの政策提言書(コミュニケ)の日本語訳が、G7市民社会コアリション2023の方々により作成されたのでご覧ください。
◆政策提言書の日本語訳
原文  
皆さんの団体でも情報の拡散に努めていただければ幸いです。その際には、下記のハッシュタグをご活用ください。
みんなのG7広島サミット #G7市民社会コアリション2023 #G7に届けたい声がある #G7cso2023

◆編集後記: 2019年、国連気候サミットにあわせて開催された「世界気候アクションの日」には世界中で760人が行動に参加しました。その後も、この行動は毎年開催され、今年も国連総会に呼応して9月23日に世界国でアクションが行われます。国際環境NGO 350.orgJapanでは、9月23日世界気候アクションへの団体賛同を募集しています。賛同される団体は、是非、アクションを!以下の登録フォームからご登録ください。
<フォーム>

◆ESD-Jで配信したメルマガのバックナンバー◆ https://www.esd-j.org/others/6909
◆ESDイベントカレンダーのリンク◆ https://www.esd-j.org/activity/eventcal

本メールマガジンは、ESD-J会員にお送りしています。
お心当たりのない方、配信停止を希望される方は下記までご連絡ください。