【お知らせ】ESD for 2030 Roadmapのアジア太平洋地域開始式典

11月19日にESD for 2030 Roadmapのアジア太平洋地域開始式典(Regional Launch)がオンライン形式で開催されます。

「ESD for 2030 Roadmapのアジア太平洋地域開始式典」

日時:11月19日(日本時間16:00~17:15/パリ時間8:00~9:15)

<プログラム>

・開会挨拶
・新たなESD for 2030の枠組みと実施のためのロードマップの紹介
・パネル・ディスカッション:地域におけるこれまでの努力、カギとなる挑戦と機会
・Q & A
・閉会挨拶

参加登録はこちら

また、ESD for 2030 Roadmapが公開されました。

———————————————————————————————–

「ユネスコ世界会議のプレ会議ワークショップ(WS)」シリーズ

ユネスコ世界会議が来年5月17日~19日にかけてドイツのベルリンで開催されることに先立ち、
ユネスコは、「ユネスコ世界会議のプレ会議ワークショップ(WS)」シリーズを7回開催します。

ワークショップに関する詳細な情報は、こちら

既に3回開催され、第3回は昨日11月12日に開かれました。

第1回目と第2回目についてはビデオ記録が公開されており、以下のURLから視聴できます。

第4回目は、12月9日(水)日本時間20:30~(現地時間9 December 2020, 12:30 GMT+2)に「ESDとグローバルヘルス:人々の健康と惑星(地球)との相互の関連」ESD and global health: Inter-linkage of the health of people and planetをテーマとして行われます。まもなく登録情報が公開されると思います。

第1回】 2020年9月9日(水)「コロナを超えた世界に向けた、ESDによる変革推進力」(The transformative power of ESD for the world beyond Covid-19)

ビデオ視聴:https://www.youtube.com/watch?v=o_qur1PWj2I

第2回】 2020年10月14日(水)「リモートおよびデジタル設定におけるESD:COVID-19パンデミックの間に学んだ教訓」ESD in remote and digital settings: Lessons learned during the COVID-19 pandemic

ビデオ視聴:https://www.youtube.com/watch?v=HTxMNLuNW44

第3回】 2020年11月11日(水)「若者、ESD、レジリエンス:危機下における若者のエンパワーメントと動員」

Youth, ESD and resilience: Empowering and mobilizing young people under crisis

UNESCOパリの進行により、インドネシア、ドイツ、ケニアの若者が質疑応答形式で活動報告と熱意、
未来に対する期待について議論しました。

【第4回】 2020年12月9日(水)日本時間20:30~(現地時間9 December 2020, 12:30 GMT+2)

ESD and global health: Inter-linkage of the health of people and planet
(ESDとグローバルヘルス:人々の健康と惑星(地球)との相互の関連)

・COVID-19パンデミックによって強調された人々と惑星の健康の相互関係に焦点を当て、これがどのように

ESD実践によりよく反映され得るかについて問いかけます。

第5回~第7回について、以下に再掲します。

【第5回】 2021年2月10日(水)日本時間18:00~(現地時間10 February 2021, 10:00 GMT+2)

 ESD and Climate Emergency: Bend the curve for climate change
 (ESDと気候緊急事態:気候変動の排出曲線を下方に修正する)

・パンデミックと気候の緊急事態の類似点を取り上げ、特にESDの貢献を通じて、Covid-19危機への市民の対応から学んだ教訓が「気候変動の増加傾向を抑える」のにどのように役立つかについて議論します。

【第6回】 2021年3月10日(水)日本時間22:00~(現地時間10 March 2021, 14:00 GMT+2)

 ESD and lifestyle: Re-designing consumption and production(ESDとライフスタイル:消費と生産を再設計する)

・私たちの日常で必要なものの再定義や使い捨てプラスチックの返却など、パンデミックの間に観察された消費と生産の傾向を反映し、ESDがより持続可能な経済への変革を加速できる方法をハイライトします。

【第7回】 2021年4月14日(水)日本時間19:30~ (現地時間14 April 2021, 12:30 GMT+2)

ESD for 2030 framework and the Berlin Conference: Time to act – Now or Never)
 (2030年のESDフレームワークとベルリン会議:行動する時ー今あるいは決してない)

・一連のオンラインワークショップで学んだことを要約し、独ベルリンで開催されるESDユネスコ世界会議等
で議論される「将来に向けたロードマップ」とともに、2030年に向けた新しいESDフレームワークの重点領域
をハイライトします。