第5回 ESDカフェTokyo 国の天然記念物『ニホンヤマネってなぁに?こまっていることって?』

ニホンヤマネってなぁに?こまっていることって?

ニホンヤマネ

ニホンヤマネ

ニホンヤマネ(以下、ヤマネ)は、古い時代から日本に暮らす国の天然記念物で、みんなで守っていく必要がある動物です。げっ歯目ヤマネ科で、森の木の上で主に暮らす夜行性の小さなの哺乳類です。冬には、体温を0℃近くまで下げて冬眠をします。背中に一本の黒い線があり、しっぽにはふさふさとした毛が生え、目がくりくりとしたかわいい動物です。小さくて夜行性のヤマネは人目に付くことが少なく、あまり知られていない動物ですが、その小さな体には不思議がいっぱい詰まっています。

そんなかわいく不思議なヤマネについて、研究でわかったことなどをクイズも交えてお話します。そして、今、起こっているヤマネにとって困ったことについても一緒に考えてみませんか。

冬眠中の日本ヤマネ

冬眠中の日本ヤマネ

前半は、国の天然記念物『ニホンヤマネ』の事を(公財)キープ協会清泉寮やまねミュージアム担当の饗場(あいば)さんに教えていただきます。
小さくて夜行性のヤマネは人目に付くことが少なく、あまり知られていない動物ですが、その小さな体には不思議がいっぱい詰まっています。そんなかわいく不思議なヤマネについて、研究でわかったことなどをクイズも交えてお話します。そして、今、起こっているヤマネにとって困ったことについても一緒に考えます。

 

羊毛クラフトで作ったヤマネのサンプル

羊毛クラフトで作ったヤマネのサンプル

後半のワークショップでは、羊毛クラフトで自分だけのヤマネ作りをします。かわいいヤマネを作ってヤマネ好きになりましょう!

 

■ 饗場 葉留果(あいば はるか)さん 
(公財)キープ協会清泉寮やまねミュージアム担当。(一社)アニマルパスウェイ研究会理事。農学博士。ヤマネの研究、そしてその研究成果を活かしての保全活動、ガイドなどの教育活動を行っています。保全活動では、木の上に暮らす動物たちのためのつり橋のアニマルパスウェイの開発・普及事業に関わっています。

申込QRコード

申込QRコード

    • 日 時:2020年2月22日(土)14:00~16:30
    • 主 催:NPO 法人 持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)
    • 参加費:一般(高校生以上)500 円/子どもは無料(定員20名)
      ☆お飲み物(お茶コーヒー等)とお菓子をご用意しております。
    • 材料費:200円(羊毛クラフトで使用する材料費、参加費に加え、ヤマネ1個あたりの費用がかかります)
    • 会 場︓日能研ビル 2F(木の香りの会議室)
      東京都荒川区西日暮里 5-38-5 (アクセス
    • お申込み:フォームまたは QR コード(右手)よりお申込み下さい。
  • お問合せ:ESD-J 事務局 担当︓齋藤、武田
    Mail︓jimukyoku★esd-j.org  (★を@に代えて送信してください) TEL︓03-5834-2061

ESDカフェTokyo は、未来を変えるひとづくり(ESD)についてみんなで 対話する場です。
子どもも大人もご参加お待ちしております。

チラシはこちらから