【国際セミナー】アジア太平洋地域のESD の展開とSDGs 達成にむけての諸課題

“no one left behind (誰も取り残さない)” 学校と地域の学びのパートナーシップを中心に

“ロビー”ゲバラ氏 RMIT 大学(オーストラリア)講演会

オーストラリアの RMIT 大学の Jose Roberto “Robbie” Guevara 博士(通称:ロビーさん)をお招きし、アジア太平洋地域における ESD の展開と SDGs 達成に向けての諸課題について、特に、学校と地域の学びのパートナーシップを中心に、オーストラリアにおける ESD の現状などと併せてご講演いただき、意見交換をする企画です。

■ 日時:2019 年 2 月 25 日(月)18:30~20:00
■ 場所:成蹊大学 10 号館 2 階 大会議室
■ 主催:ESD 活動支援センター
■ 共催:成蹊学園サステナビリティ教育研究センター
■ 使用言語:原則として英語(適宜、講演概要を日本語にて説明)
■ 参加費 無料
■ 参加申込:お名前、所属を記載の上、前日(24 日)までに、下記メールアドレスまでお申込みください。
esdc_seminar☆esdcenter.jp (☆を@に変えてお送りください)

Jose Roberto “Robbie” Guevara 博士(RMIT 大学/ASPBAE 会長)

持続可能な開発のための教育(ESD)、学校と地域の学びのパートナーシップ、グローバルシティズンシップ教育の分野において、アジア太平洋地域で幅広い経験があります。

フィリピンで、コミュニティに根差した環境教育活動を展開。現在は
RMIT 大学(オーストラリア・メルボルン)の准教授として教鞭をとり、一方、市民社会主導の教育開発についてのネットワーク組織「教育のためのグローバルキャンペーン(GCE)」の理事としてアジア太平洋地域から選出されています。2009-2016 年にはアジア南太平洋基礎・成人教育協議会(ASPBAE)の会長を務めました。2014 年の持続可能な開発の
ための教育の 10 年最終年会合に際しては、コミュニティーラーニングセンター(CLC)の岡山での国際ワークショップのメインファシリテーターを務め、参加型で宣言を取りまとめる活躍をされ、愛知での国際会議でもその報 告のワークショップで活躍されたので、ご記憶の方も多いかと思います。来日は、それ以来、はじめてとなります。

■ 問い合わせ:ESD 活動支援センター(担当:志村、柴尾)
TEL 03-6427-9112 E-mail esdc_seminar☆esdcenter.jp (☆を@に変えてお送りください)