【開催レポート①】ESD車座トーク『ジオパーク×ESD』@西日暮里

2018年6月17日、ジオパークの専門家の方々をお招きし、ESD車座トーク『ジオパーク×ESD』が開催されました。

ジオパークは地域の自然や人材を活用した持続可能な地域社会づくりに取り組むプログラムの1つで、今年4月に「伊豆半島ジオパーク」がユネスコ世界ジオパークに認定されました。
そんなジオパークとESDは実はとても親和性が高いことをご存知でしょうか?

ジオパークは地質学的な価値だけを取り扱うのではなく、その土地の成り立ちやそこで形成されてきた人々の歴史や文化、食べ物や飲み水といった多様な側面を知り、持続可能な地域づくりを目指しています。ESDではこれまで様々なテーマや手法で持続可能な社会について学び、イメージしてきましたが、地域における持続可能な開発の具体的な事例としてジオパークの活動はとても参考になりました。

講師のお2人からジオパークの活動内容について具体的な事例と共に紹介して頂き、参加者の皆さまからは熱心な質問が飛び交いました。そんな車座トークの内容を共有します。

 


テーマ1『ジオパークの概要と伊豆半島ジオパーク』


鈴木 雄介(伊豆半島ジオパーク推進協議会 専任研究員)

静岡県三島市出身。火山地質・防災を専門とし、これまで地質調査や測量を行う会社で、火山防災を中心とした職務に従事してきた。足もとにある大地から地域のことを見直し、風土にあった持続的な地域づくりをしていこうというジオパークの理念に共感し、現職に至る。現在は、研究員として専門家と地域をつなぐ役割を担っている。NHK「ブラタモリ」では熱海と伊豆の案内役として活躍。

 

【ジオパークの概要】
■ジオパークは国際的・学術的な地質学・地形学的な価値があることが前提条件としてあり、それを使って保全と教育を含めながら持続可能な発展を目指していくものとしている。
地質学的な価値のみを扱うのではなく、そこに関連する文化遺産や歴史、文化、話す言葉、食べ物、飲み水といった多様な側面を知り、地域社会が直面する課題に対する理解を強化していく取り組みを行っている。

■世界中のジオパークは田舎であることが多いが、このような取り組みによって地元の人々が地域に誇りを持ち、貴重な資源や文化を使いながら新たな収入源を作っていくことで、地域を持続的に回していくことを目指している。そこで大切にしているのが、ボトムアップであること。

■ジオパークでは科学がバックグラウンドにあることが重要視されているが、専門用語を多用すれば一般の人がアクセスできる情報ではなくなってしまうため、できる限り専門用語は使わずに正しい知識を伝えていく。

■ジオパークは3つの活動から成り立っており、1つは教育である。
自然や地域文化をまず知り、「2.保全」する。しかし教育と保全だけでは地域は疲弊してしまうので、ジオサイトを観光活動等に活かし、「3.地域振興」へつなげていく。この3サイクルを回すことがジオパークでは大切。

【伊豆半島ジオパークの活動の具体的事例】
<鉢窪山(はちくぼやま)の土地の成り立ちと人々の暮らし>
・伊豆東部火山群は活火山だが中心となる噴火口が1つもなく、噴火のたびに場所を変える小さな火山が点在しており、陸上・海上合わせて100個以上の噴火口が分布している。その中に鉢窪山(はちくぼやま)という山があり、有名な浄蓮の滝や天城越えの最も標高の高いところにある集落「茅野」をつくっている。
・標高の高い険しい山が周囲に広がる中、茅野集落は平らな土地となっている。この土地の成り立ちは、17,000年前に鉢窪山が噴火し、険しい谷を少し埋め立てたことによって出来た土地で、そこに集落が出来上がった。
集落の人々はそのような土地で畑や田んぼをしながら暮らしている。
また、天城は非常に降水量の多い土地で、その雨が火山の溶岩や火山灰に浸み込んでいき、湧き水となっている。この湧き水を使ってわさび栽培が行われている。(わさびは順調に育つ温度幅が5度程度。豊富な湧き水が出ているところでないとうまく育たない植物)

鈴木さんの発表資料より

 

<茅野集落のカフェ「かたつむり」に見る地域資源の活用>
・カフェには火山噴火物の一種である「スコリア」と呼ばれる石を積み上げて作ったピザ釜があり、
(スコリアは多孔質で保温性が高い)
このカフェでは茅野集落で栽培された新鮮な作物、猪の肉を使った美味しいピザを食べることができる

<まとめると…>
・この険しい谷を埋め立てて溶岩台地を作らなければ「茅野」という土地は存在しなかった
・噴火によってできた浄蓮の滝には観光客が訪れ、豊富な湧き水はわさび栽培に活用され人々の生活を支えている
・天城越えの下田街道沿いの美しい景色・農産品、ピザ釜を作るスコリアによってその土地でしか味わえないピザができる

鈴木さんの発表資料より

伊豆半島ジオパークで見せたいことは、地域に根差した資源の価値や役割を理解し、守り、使い、例えば「おいしいピザを食べる」こと。
様々な物語を作り、見せながら、楽しんで知ってもらうことがジオパークにおける教育なのではないかと考えている。
自然と人との繋がりを知ることで、地域あるいは地球を持続可能なものにするにはどうしたらいいか考えられる人を育てることが、ジオパークにおける教育の最終的な目標である。

地域と人、自然との繋がりを理解するための物語づくりや、解説マップ、パンフレットなどがすでに用意されている地域がジオパークとして活動しており、今後はジオパークで大切にしている3つの活動「教育」「保全」「地域振興」に、ESDの視点を入れながら、地域と人と自然が繋がっていくプログラムをやっていきたいと考えている。

 


テーマ2『ジオパーク教育とESD』


山本 (静岡大学教職センター特任准教授/
日本ジオパークネットワーク教育ワーキンググループリーダー)

愛知県日進市出身。早稲田大学教育学部助手、自由学園非常勤講師、静岡大学学術研究員を経て、平成30年4月より現職。平成27年、日本ジオパークネットワーク内に教育ワーキンググループを設立し、ジオパークの教育とESDの架橋を図ってきた。専門は地理教育、比較教育(日独)。

自然環境と人間、人間による開発の持続可能なバランスを考える具体的な場所がジオパーク


【ジオパークのガイドラインについて】

2008年に出された世界ジオパークガイドラインには教育の章があり、
・校外学習・・・野外に出て地質・地形を見に行く
・科学講座・・・実験などをやる
によって、地元の生徒や住民に地質遺産の重要性を教え、地域の価値を知り、郷土意識を高めよう、と言われていた。
さらに2010年の改定では、生物多様性や地域文化遺産と関連させて地質遺産について学ぶ、ということが言われている。

【ジオパークの教育の枠組み】
ジオパークが扱う対象は、ジオ(地質・地形)、エコ(動植物)、ひと(歴史・産業)の3つ。ジオパークの見方・考え方ともいえる。活動は、保護活動、教育活動、ジオツーリズムの3段階の活動という構成であり、これらを有機的に関連させることを通じて持続可能な発展を目指す。
(詳細は日本ジオパークネットワークへ)


【ジオパークの教育についての事例】

<環境学習、地域学習>
例:糸魚川の翡翠海岸に子供たちが出かけ、ただ単に海岸に翡翠という珍しい鉱物を探すのではなく、どのようなメカニズム(大雨で上流から流された翡翠は姫川を下り、日本海に出ると沿岸流を受け、その流下方向の海岸に運ばれ打ち上げられる)で翡翠が海岸にたどり着くのかを知り、地形的な繋がりを考えていく(環境学習)
また、糸魚川の姫川に沿って塩尻まで塩を運んだ塩の道を例に、そこで活躍したのが馬ではなく何故牛だったのか、蹄の形から考える。地形の特徴だけでなく、歴史的な出来事との関わりを知る(地域学習)

<自然科学調査>
例:鳥取県の豊岡盆地に何故コウノトリが飛来するのかを地元の高校生たちが科学調査を行い学んだ。
土地について調査すると、豊岡は地震の揺れに弱く家屋の倒壊が起こっていたことを知る。実はコウノトリの飛来と地震災害はジオと関係しており、元々豊岡盆地は縄文時代の海面上昇で入り江だった。その後海のところが閉鎖し大きな湿地帯となり陸化した土地で、地震で揺れやすい。湿地にはコウノトリが飛来するようになった。

<地域振興や社会参画>
例:伊豆の高校生が小学生にガイド活動を行ったり、ICT(情報通信技術)を活用したアプリ開発を行ったりして、一般向けにも自分たちが勉強したことを発信している。
島原の高校生は、単にジオサイトを紹介するだけにとどまらず地域活性化に向けて自分たちができることを考え、地元の資源を活かした商品開発を行っている。そこでは自分たちの活動によってジオパークの認知度がどのように変化したか社会調査を行っている。

ジオパークの年次大会では、全国のネットワークを活かし、高校生が知見を持ち寄りお互いの活動を知る、という取り組みも行っている。

【ジオパーク教育の取り組みの全体像】
まず自然現象についての理解を深める。科学の調査や実験を行い、保全活動につなげる。
そして学んだことを発表していくとともに観光や教育といった視点から地域社会に参加し、日本全体あるいは世界全体にネットワークを通じて発信していく。

【ジオパーク教育の今、これから】
これまでの10年で、まずは「1.ジオパークの内容教育」として地質を知り体験する学びからスタートし、「2.ジオパークを促進するための教育」として地域ブランディングや高校生ガイド等の社会参画へ、そして現在は「3.学習者の能力・資質育成のための教育」として、これまでの学びにより生徒たちはどのような能力が身に付くのかという点に議論が移ってきており、ESDとも親和性の高いものになってきている。
その時の課題は、どうしたらジオパークらしいESDができるのかという部分。

山本さんの発表資料より

【ジオパークらしいESDに向けた取組み】
ジオパークの教育の特徴である野外学習と「ジオ・エコ・ひと」の見方・考え方を組み合わせて、『ジオパークESDフィールドワーク』というフィールドワークノートを作成。
ジオツアーでこの冊子を使い、地域の「ジオ・エコ・ひと」の繋がりを知り、またその先の持続可能な将来を考える。
ジオパークの特徴として、インタープリター(ジオパークガイド)の存在がある。このノートを使いインタープリターと共にジオサイトや地域を回りながらポイント整理を行っていく。
そのときに、ひとの経済活動と動植物の関係について様々な話を聞き、多面性を知る。
参加者はフィールドに出て自分が感じたことを書いていく。そのときに、地域の自然を保全しながらどう教育に活用し、地域振興に活かすことができるのか、もう一歩踏み込むと、自然とひとの関係のバランス像を考えることができる。

山本さんの発表資料より

ジオパークは教育を通じて持続可能な発展を目指しており、人間と環境について野外で学ぶものにしたいと考えている。その時、学校教育では地理教育、地学教育の横断的な学習が果たす役割は少なくない。

 


質疑応答(一部抜粋)


【質問】インタープリターとして望ましい人材とは?今後どのような流れで人材育成を行っていくのか?

【回答】
インタープリターの方はまじめな人が多く、すごく勉強されています。そしてどんどんつまらなくなっていきます(笑
自然と人とを繋ぐ役割なのだということを意識して、参加者の方の持っている知識を見極めながらインタープリテートできる人が必要です。知識レベルは高まってきているので、それを「伝える技術」の方に伊豆半島ジオパークとしては力を入れてきています。


いかがだったでしょうか?
お2人のお話では、理論や概要だけでなく実際のフィールドでの野外活動を事例として取り上げて頂き、大変理解しやすかったです。

参加者のみなさんはほとんどの方が、「ジオパークという言葉は聞いたことがあったけれど具体的な活動内容は知らなかった」とのこと。講師のお2人のお話を聞き、「ジオパークも教育を通じて持続可能な社会、またその担い手を育てることを目指しており、ESDと親和性が高いことを実感することができた」という感想も聞こえました。

この後、ジオパークで野外教育として実践されているフィールドワークの模擬体験ができるワークショップが開催されました。
ワークショップの様子はこちらからどうぞ。

(ESD-J事務局)