【イベント情報】立教大学ESD研究所国際シンポジウム
11/11(土)・11/12(日)@池袋

ESD-J代表理事の阿部治氏が所長を務める立教大学ESD研究所で、ESDと地域創生に関するシンポジウムが開催されます!

日本では、ESD研究所とESD研究連携に関する覚書締結自治体等をはじめとして、ESDによる多様な地域づくり(地域創生)の取組が始まっています。しかしその成果とともに、地域特有の課題を抱えているのが現状です。

本シンポジウムでは、日本のESDによる地域創生の取組の成果と課題を紹介し、世界各国で行なわれている多様な事例報告をふまえて、ESDによる地域創生の在り方についての共通理解の促進や今後の可能性について議論を深めます。同時通訳あり(日本語⇔英語)。各日定員100名程度。

入場は無料です。皆さまふるってご参加ください!


国際シンポジウム「ESDによる地域創生の可能性と今後の展開‐Prospects and ongoing challenges of regional revitalization based on ESD-」

■日時:
2017年11月11日(土)13:00~17:45
2017年11月12日(日)10:00~15:30

■場所:
立教大学池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール

■登壇者:
リー・ソンキョ 氏(韓国/清州教育大学校教授)
ワン・チャオメイ 氏(台湾/財団法人 觀樹教育基金、環境教育部長)
レイフ・オストマン 氏(スウェーデン/ウプサラ大学教授)
クリス・シエル 氏(イギリス/ボーンマス大学教授)
トーマス・ホフマン 氏(ドイツ/カールスルーエ教員養成校・地理学部長)
前田 剛 氏(対馬市しまづくり推進本部市民協働・交通対策課主任)
阿部 治氏(ESD研究所所長、社会学部・同研究科教授)

■主催:
文部科学省私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「ESDによる地域創生の評価とESD地域創生拠点の形成に関する研究」(研究代表者・阿部治)、立教大学ESD研究所、*ESD地域創生研究センター設置準備室
*ESD地域創生研究センター設置準備室:「私立大学戦略的研究基盤形成支援事業」に基づき、ESD研究所内に設置されるものです。

■対象:
教職員、学生、大学院生、一般

■参加方法:
メールにて、件名に「ESD国際シンポジウム参加申し込み」と記載し、次の項目を明記の上、下記の申込先にご連絡ください。
氏名、所属、メールアドレス、参加希望日(11月11日(土)・12日(日)の両日またはいずれか)

■申込・お問い合わせ先:
立教大学ESD研究所
〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1/TEL 03- 3985- 4394/E-mail: esdrc@rikkyo.ac.jp

当日の進行は、画像をクリック☟