ESD-J 阿部治代表理事が
平成29年度環境保全功労者表彰を受賞しました

 環境省では、毎年6月の環境月間に合わせて、環境保全、地域環境保全及び地域環境美化に関して、顕著な功績があった者(または団体)に対し、その功績をたたえるため、毎年度、環境大臣による表彰を行っています。
(環境省WEBサイトより http://www.env.go.jp/press/104141.html

 日本におけるESDのパイオニアの一人として30年以上研究・実践されてきた、ESD-Jの代表理事(立教大学社会学部教授)の阿部治氏が平成29年度環境保全功労者表彰を受賞しました。

おめでとうございます!

阿部代表理事

 

阿部代表理事とESD

 1992年に開催された地球サミットで「持続可能な開発」を実現するための行動計画「アジェンダ21」が採択されました。これは環境における国際的取り組みとしての行動計画でしたが、世界の環境の状況は悪化していきました。

 そこで10年後の2002年、地球サミットのフォローアップのための「ヨハネスブルグ・サミット」が開催されることになり、日本ではNGOや市民の声を反映させるためのネットワーク団体「ヨハネスブルグ・サミット提言フォーラム」が立ち上がり、「国連ESDの10年」を提案することになりました。(2001年)

 阿部代表理事は、政府関係者との調整やサミット本番でのワークショップなどに大きく関わり、2002年「国連ESDの10年」が採択されました。政府と市民組織による共同提案としてなされたことは、政府と市民組織がパートナーとして協働していく大きなきっかけとなりました。

 このような経緯を経て、「国連ESDの10年」共同提案の当事者としてESD-Jを設立し、政府のカウンターパートとして活動を開始、現在までESD-J代表理事を務め、2016年からは環境省と文部科学省が設置しESD-JがACCUと共に運営するESD活動支援センターセンター長も兼任しています。また、立教大学ESD研究所の創設者であり所長も務めています。

 今回の受賞は「長年にわたり環境教育/ESDの普及啓発活動に取組み、特に日中韓環境教育協力、国連ESDの10年、国内外の学会の運営・ネットワークの構築などを主導し、日本の環境教育の国際化に尽力した」という功績によるものです。なお、阿部代表理事は日中韓の環境協力への貢献から、2013年から毎年各国1名に贈られている日中韓環境協力賞(TEMM Environmental Award)を2015年に受賞されています。

6月14日にグランドアーク半蔵門にて表彰式が行われました。

環境保全授賞式

長年のご功績を称え、栄えある受賞を心からお祝い申し上げます。

より一層のご活躍をお祈りいたします。

 

(ESD-J事務局)