【地域から】「チェンジ・エージェントを育てる」
伊豆市 天城中学校の取り組み

「チェンジ・エージェントを育てる」

静岡県の伊豆市にある天城中学校では、2009年より全校を挙げてESD(持続可能な開発のための教育)に取り組んできました。
しかし、中学校を卒業し高校、大学、社会人と進むにつれて様々な要因によってESDを通して学んだことを生かせずに終わってしまうことを危惧していました。
ESDを学ぶことで「持続可能な社会の担い手」に育つことを願っていたからです。

そのような折、昨年の10月に新宿御苑で行われたグリーン・チャレンジデーに天城中の卒業生(現在大学2年)3人が参加する機会を得ることができました。

中学校3年生の時に実施した「ツゲ峠鹿柵プロジェクト」の展示をし、来場者に自分たちの実践を発信することを通し、もう一度自分たちの実践の意味を問い直し、より深くESDを捉え直すきっかけとなりました。

環境省ESDキャラクターはぐクンと一緒に

実践したプロジェクトを発信中

また、卒業生たちが「ESDに卒業はない」と自覚し、現在の自分を見つめ直し、忘れかけていた「自分たちの住む地球を持続可能な場所にしたい」という熱い思いを再確認し、今の自分に何ができるのかを問い直すきっかけとなりました。

ESDという学びを通して若者がChange agentとして育ってくれることを願っています。

(ESD-J理事 大塚)

カテゴリー: 最新のお知らせ

最新のお知らせ

アーカイブ