[ESD-Jメルマガ]  Vol.009 (2021年9月第2週号)

[ESD-Jメルマガ]  Vol.009 (2021年9月第2週号)
発行元:持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)
発行日:毎週(木) / 配信先 190件
*******************************************************************

ESD-J会員の皆様
いつもお世話になっております。今週のメルマガをお送りします
>>>—————————————————————————
目次
【1】環境省のパブリックコメントの開始(意見募集期間:~2021年10月4日(月))
【2】気候非常事態宣言を表明した自治体における気候変動教育に関する調査
【3】書籍のご紹介: 「SDGs自治体白書2021- 次世代が切り拓く“SDGs自治体”への道」
【4】助成金・アワード・イベント・研修のお知らせ
【編集後記】(事務局より)
——————————————————————————<<<

【1】環境省より次の4つの案件に対する意見の募集(パブリックコメント)が開始されました。
詳細は、環境省のウェブサイトでご確認ください。
1.意見募集期間:令和3年9月3日(金)~同年10月4日(月)必着
・「地球温暖化対策計画(案)」
・「パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略(案)」
・「日本のNDC(国が決定する貢献)(案)」
・「政府がその事務及び事業に関し温室効果ガスの排出の削減等のため実行すべ
き措置について定める計画(案)」
2.詳細:http://www.env.go.jp/press/109931.html

【2】気候非常事態宣言を表明した自治体における気候変動教育に関する調査
日本でも世界でも、記録的な高温や台風等の強大化、豪雨、大洪水、大規模な
山火事、深刻化する干ばつなど、気候変動の影響が顕在化し、被害者や死者数も
増大しています。このような危機的な状況に、「気候非常事態宣言」を出し、緊
急行動を呼びかける自治体が増えています。世界ではすでに1000を超える自治体
が気候非常事態宣言を出していますが、日本では、ようやくその動きが始まった
ところです。日本でも多くの自治体が気候非常事態宣言を出し、自治体としてで
きることを進めつつ、住民や他の自治体にも行動を呼びかける動きが拡がること
を願って、「気候非常事態宣言」を出した自治体を紹介していきます。
・詳細:https://www.es-inc.jp/ced/
■気候非常事態宣言を表明した自治体における気候変動教育に関する調査速報版 (2021年8月27日)https://bit.ly/2X5255c

【3】【書籍のご案内】「SDGs自治体白書2021- 次世代が切り拓く“SDGs自治体”への道」
本書では、次世代主体のSDGs達成活動について第一章で特集を組みました。
特に大学生自らが執筆した4事例を掲載しているのが特徴です。詳しくは生活社
のホームページでご覧下さい。
・中口毅博+小澤はる奈 編著、協力:環境自治体会議環境政策研究所
・詳細:http://www.seikatsusha.com/book45.html

【4】助成金・アワード・イベント・研修のお知らせ
<助成金>
(1)移民・難民支援基金(パブリックリソース財団)
本基金は、日本国内の難民、移民、技能実習生、外国人労働者とその家族など、外国籍
または外国にルーツをもつ人々の日本国内における様々な環境を改善することを目的とします。
1.      対象団体: 日本国内で外国籍、および外国にルーツをもつ人々への支援を行っ
ているNPO法人等の民間非営利組織を対象とします。(※法人格のない任意団体も可)
2.      応募期間 2021年9月1日(水)~ 2021年9月30日(木)17 : 00まで
3.      詳細:https://www.public.or.jp/project/f0136

(2)SONPO 福祉財団「社会福祉事業 海外助成」-2021 年度
海外における社会福祉の向上を目指し、募集対象国において社会福祉分野で活動する
非営利団体が行う活動を対象とした「海外助成」を行います。
1.      助成の対象となるもの:ASEAN 加盟国、インド、南アフリカに、本部あるいは活
動の主要な拠点事務所を置き、社会福祉分野で活動する非営利団体 (日本を本部
とする非営利団体を除く)
2.      応募期間:2021 年 9 月 1 日 (水)~ 2021 年 10 月 8 日 (金)
3.      詳細:https://www.sompo-wf.org/jyosei/images/kaigai_jyosei_youkou-jp.pdf

<アワード>
(1)     毎日新聞社 第 11 回「毎日地球未来賞」
概要:「毎日地球未来賞」は、未来の子どもたちに良好な環境を残すために、「食料」「水」
「環境」の分野で、国内外の問題解決のために地道に取り組んでいる草の根的な市民団体
や、小中高生・大学生など若い人たちの活動を表彰し、賞金を贈って活動を応援します。
1.      対象:主に市民・草の根レベルの活動が対象です。大規模な活動を展開する団体も選考対象としています。
食料、水、環境の 3 つの分野のうち、1 分野での活動、あるいは複数の分野にまたがる活動、いずれも選考対象となります。
国内、海外いずれの活動も対象です。
2.      応募・申請期間2021 年 10 月 12 日 (火)
3.      詳細:https://www.mainichi.co.jp/event/aw/chikyumirai/

(2)第17回エコツーリズム大賞の募集について(環境省及び一般社団法人日本エコツーリズム協会主催)
1.      対象:以下の活動に取り組んでいる事業者、団体、自治体などを対象とします。
自薦、他薦は問いません。(例:ツアー事業者、宿泊事業者、交通事業者、コンサルタント、
協議会、教育機関、学生団体、地方公共団体)
(ア)地域の自然環境や歴史文化を保全しつつそれらを体験する「エコツーリズム」に関
連する環境保全活動を取り入れた取組や様々な自然体験の取組。
(イ)環境保全、地域活性化、自然体験提供等の優れた活動。
※自然体験には、農林水産業体験や生活文化体験を通じた自然環境への理解につながる活動などを含みます。
2.      応募期間:令和3年11月30日(火)まで
3.      詳細:https://www.gov-base.info/2021/09/06/128113

<イベント・研修>
(1)第149回日本ユネスコ国内委員会(総会)の開催について
1.      日時 9月15日(水曜日)14時30分~17時00分
2.      一般の方で傍聴を希望される場合は、9月10日(金曜日)正午までに、
下記フォームにて傍聴等の申し込みを行ってください。
https://pf.mext.go.jp/admission/page-20189-3.html
3.      開催形式:Web会議システム(WEBEX)による開催を予定
4.      議題:最近のユネスコ関係の動きについて(報告)、我が国におけ
ユネスコ活動の現状等について(報告)、第41回ユネスコ総会について、日本ユ
ネスコ国内委員会の構成について【非公開】
5.      詳細:https://www.mext.go.jp/unesco/001/2019/1420208_00011.htm

(2)令和3年度教職員等環境教育・学習推進リーダー育成研修の開催について
~SDGs達成に向けた教育推進リーダー育成のための環境教育・ESD実践講座~
環境省では、文部科学省の協力の下、持続可能な社会の構築を目指して、学校や
地域で環境教育・学習を実践・推進するリーダーたる人材を育成することを目的
に、①カリキュラム・デザイン・コース、②プログラム・デザイン・コースの2
種の研修を開催します。
・詳細:https://www.env.go.jp/press/109921.html

(3)「グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン」(GCNJ)年次シンポジウム
「資本主義の再構築~今企業は何をすべきか~「未来への羅針盤」我々企業は2050年の社会をどう生きるのか」
1.      開催日:2021年10月26日14:00~オンライン
2.      シンポジウム詳細:https://bit.ly/2WZpSDd

(4)第4回世界青少年「志」プレゼンテーション大会(オンライン)
世界から選ばれたプレゼンターが熱い「志」を語ります。志を宣言すると新しい仲間が
できます。 応援する人が現れてきます。人生が大きく加速する可能性がありま
す。10月10日、会場でプレゼンターと一緒に、この世界青少年「志」プレゼンテー
ション大会をつくりませんか?
1.      主管:世界青少年「志」プレゼンテーション大会実行委員会
2.      共催:一般社団法人 メキキの会後援:文部科学省、環境省、読売中高生新聞.
3.      開催日:2021年10月10日(日)
4.      詳細:https://wyk.kokorozashi.me/

(5)清里ミーティング2021@オンライン(35回目)
<清里ミーティングの目的>
・最先端の情報や手法を学ぶ場を提供し、参加者の活動をエンパワメントする
・参加者同士のネットワークを構築し、協働を促進する
・1、2をもって持続可能な社会に向けて行動する人を増やす
1.      日 程:2021年12月5日(日)~11日(土)
2.      会 場:Zoom(テレビ会議システムを用いたオンライン開催)
3.      定 員:【フル参加券】300名(予定)
4.      今後のスケジュール:9月1日(水):参加者企画ワークショップ募集開始
10月1日(金):参加者募集開始(11月30日まで(予定))
5.詳細: https://www.jeef.or.jp/activities/kiyosato/

(6)地球人カレッジ講演会「アフリカの妊産婦死亡を減らすために」開催のご案内
地球人カレッジ on Zoom の3回目は、「世界ナゼそこに?日本人?知られざる波瀾
万丈伝」にも出演された、TICOファミリーの三好先生。ザンビアのために無償で働き続
けています。
1.      開催日時:2021年10月1日(金)19:00~20:15
2.      講師:三好康広 医師
3.      詳細:http://www.tico.or.jp/wp/wp-content/uploads/2021/09/1e48aeecc20bc12262654f48196fe1c5.pdf

◆編集後記(事務局より):
9月17日~28日に開催される「#Act4SDGs」グローバルウィークに向けて、下記の
ウェブサイトでは、個人、団体による「私は、私たちは、こんな活動を行います!
○○を目指します!」と言ったSDGsの理念に則してパンデミックを乗り越えるア
クションを宣言するキャンペーンを行っています。世界中でどんな宣言がされて
いるのかも見られます。是非ご参加ください!
・詳細はこちら:https://act4sdgs.org/global-map/

◆ESDイベントカレンダーのリンク◆ https://www.esd-j.org/activity/eventcal

本メールマガジンは、ESD-J会員にお送りしています。
お心当たりのない方、配信停止を希望される方は下記までご連絡ください。