[ESD-Jメルマガ]  Vol.033 (2022年3月第2週号)

[ESD-Jメルマガ]  Vol.033 (2022年3月第2週号)
発行元:持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)
発行日:毎週(木) / 配信先 190件
*******************************************************************

ESD-J会員の皆様
いつもお世話になっております。梅や春のお花が咲き始め、春の兆しが強まってきたことを感じます。さて、今週のメルマガ配信です
>>>—————————————————————————
<目次>
【1】     再掲:【参加者募集】3/26 ESD-Jオンライン交流会
【2】     ローカルSDGs人材育成地方セミナーの報告ページ、YouTube公開のお知らせ
【3】 助成金・アワードのお知らせ
【4】 イベント・研修のお知らせ
【編集後記】(事務局より)
———————————————————————————–<<<
【1】     再掲:【参加者募集】ESD-Jオンライン交流会
オンラインセミナーの最終回は、今年度の総括と次年度の企画会議を含むオンライン交流会
として開催します。まず、前半パートは2021年度の各回のオンラインセミナーのコーディネーターが
それぞれのセミナーの要約を共有します。そして、コーディネーターと参加者の皆様とで本年度の
オンラインセミナーの特徴、感想、課題等を討論します。後半のパートは、2022年度のオンライ
ンセミナーのテーマや企画について意見交換します。来年度のセミナーの企画会議と、ざっくばら
んな意見交換会です。SDGs/ESD推進の課題や、オンラインセミナーへの期待など忌憚のない
ご意見をいただけると幸いです。
■日 時:2022年3月26日(土)13:00~15:00
■講 師(予定):池田 満之、小金澤 孝昭、鈴木 克徳、鳥屋尾 健、福井 光彦
■お申し込み:https://forms.gle/1Dc9B79kv9Khnrtz5
■チラシ:https://www.esd-j.org/news/10245

【2】ローカルSDGs人材育成地方セミナーの報告ページ、YouTube公開のお知らせ
2021年12月~2月に実施した全9回のローカルSDGs人材育成地方セミナーの報告ページ、
YouTubeを順次公開しております。拡散歓迎です。是非、ご覧いただけますと幸
いです!
■報告ページ:https://www.esd-j.org/
■YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCE9Ls7lPvt6r_ovGYpVwNDw/videos

【3】助成金・アワードのお知らせ
<助成金>
(1)2022年度(第20回)ドコモ市民活動団体助成事業
1.      助成対象テーマ
・子どもの健全な育成を支援する活動
・経済的困難を抱える子どもを支援する活動
・特定課題について
2.      応募受付期間:2022年2月16日(水)~3月31日(木)厳
3.      詳細:https://www.mcfund.or.jp/jyosei/2022/no20/requirements.html

(2)社会福祉法人中央共同募金会 赤い羽根「災害ボランティア・NPO活動サポート募金」
2022年度「災害時のボランティア活動資機材ネットワーク」助
今後発生が予測されている首都直下型や南海トラフ等の大地震や近年頻発している広範囲での
風水害等大規模災害の発生時の対応能力を高め、迅速なボランティア活動の体制づくりにつなげ
ていけるよう、各都道府県・指定都市圏域における災害時のボランティア活動にかかる資機材等の
整備と、それを活用するためのネットワーク構築を行うための事業への助成公募いたします。
1.      助成対象団体:
(ア)     都道府県・指定都市圏域における災害時のボランティア活動に必要な資機材等およびそ
れを活用する体制の整備を行う都道府県・指定都市社会福祉協議会
(イ)     都道府県域または指定都市域で構築されている災害時のボランティア活
動にかかる行政や社会福祉協議会等とのネットワークに加入しており、かつ発災
時に資機材貸出し等の調整を行った経験を有するNPO
2.      助成対象事業:
都道府県・指定都市圏域において、災害時のボランティア活動に必要な資機材等の整備およ
びそれを活用するためのネットワークづくりを行う事業
3.      助成金額:1事業あたり助成上限:500万円(助成総額:3,500万円)
4.      申込期限:2022年3月31日(木)※必着
5.      お問合せ:社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部(ボラサポ助成担当)
6.      詳細:https://www.akaihane.or.jp/subsidies/24399/

<アワード>
(1)第3回ジャーナリズムX(エックス)アワード
既存のジャーナリズム賞同様、隠された問題を掘り起こす調査報道や、地道な取材活動を積み重ね
た記事・書籍など内容・コンテンツ【中身】を評価するとともに、社会訴求や相互コミュニケーションのた
めの媒体・プラットフォーム【器】も評価対象とし、それら両面のいずれか、あるいは両面のシナジー
(相乗効果)を実現した取り組み成果の応募を呼びかけます。
1.      授賞対象想定例
・既得権益などによって隠された問題を掘り起こす調査(探査)報
・社会問題について市民が自ら考え、行動を起こそうとする意識を育て合うための操作性に優れたアプリ、
データベース、オンラインプログラム
・各地の市民アクションをつなぎ、活動の実効性を高めるプラットフォーム
・書籍や報告書の刊行と、内容の社会訴求と、取り上げられた課題の解決とを一体的・有機的に組み
合わせて成果を生み出す試み
2.      公募期間 2022年3月7日(月) 公募開始、2022年4月17日(日) 募集締切
3.      詳細、エントリー:https://jxaward.com/

(2)2022JASM賞
日本社会福祉マネジメント学会(JASM)では、社会福祉サービスの質の向上に寄与することを目的とし
た表彰制度を設けました。研究活動の成果発表、提言の発信を目的とした「論文
賞」、実践報告の「実践レポート賞」を幅広く募集し、厳正な審査により表彰い
たします。
■詳細:https://jasm.info/cms/wp-content/themes/jasm/pdf/jasm-award.pdf

(3) 来たれ、チェンジメーカー【国連の SDGYoungLeaders、募集中!】
SDG Young Leadersの募集が始まりました。まだ日本出身の若者はこれに任命されたことがありません。
是非皆さんの周りの、SDGsの実践に熱心に取り組んでいる若者たちに、応募を呼びかけていただければ幸いです。
1.      対象:15-29歳
2.      締め切り:2022年3月31日
3.      詳細:https://www.un.org/youthenvoy/becomeyoungleader/

【4】イベント・研修のお知らせ
<イベント>
(1)「生きる力」は子どもを育てる!? 話す・考える・人と人との繋がり
こんな人におすすめ:生きる力を伸ばす取り組みを実践している人、生きる力を身につけたい人、アクセスと
いっしょに何かしてみたい人、生きる力を伸ばす取り組みを実践している人
1.      日時:2022 年 3 月 19 日 (土) Zoom (オンライン会議ツール)
2.      詳細:https://shimisen-kyoto.org/event/22958

(2)市民ファンド推進プログラム
市民活動助成担当者のための研修事業(第4回) [オンライン開催]成長する助成~人も組織も育つ助成とは~
市民ファンド推進プログラムは、市民活動への「助成する力」を高めることを目的に、 市民ファンド/コミュニティ財
団等への助成とともに市民活動助成担当者・プログラムオフィサーのための研修事業を実施してきました。4回目
となる今回は、「成長する助成~人も組織も育つ助成とは~」をテーマに開催します。市民活動助成に関わる
皆様の積極的な参加をお待ちしています。
1.      日時:2022年3月25日(金)14:00~17:00 (終了後30分は交流の時間とします)
2.      対象:市民活動助成に関わる組織の担当者または事務局長や理事などの責任者(市民ファンド、
コミュニティ財団、NPO支援センター、助成財団、企業、行政など)

(3)《連続ウェビナー》(参加無料)低炭素技術とSDGs―気候対策だけでは済まされない企業の社会的責
任とは (主催:特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター(PARC))
【第一回:世界のオール電化が破壊する森林とそれをめぐる闘い】
■日時:3月15日(火)19:00~21:00
■スピーカー:カルロス・ソリージャ氏(環境活動家/DECOIN)
【第二回:フェアな低炭素技術を求める市民の声は行政も動かす】
■日時:3月17日(木)19:00~20:30
■スピーカー:ビヨルン・クラーセン氏(エレクトロニクス・ウォッチ ディレクター)
【第三回:日本の低炭素技術サプライチェーン】
■日時:3月24日(木)19:00~21:00
■スピーカー:波多江秀枝氏(国際環境NGO FoE Japan)
・申込・詳細:http://www.parc-jp.org/freeschool/event/202203151724.html

(4)第5回京都大学”超”SDGsシンポジウム「持続可能性の自分ごと化」
3月7日(月)から始まっています。オンライン配信は、次のYouTubeからとなります。
https://www.youtube.com/channel/UClgNiTfcQw1lZO8R0Z7_dXg
※3月7日(月)-13日(日)の期間中、同じYouTubeにて、12:00からオンライン配信いたします。こちらから、
最新の情報をご覧いただけます。
https://eco.kyoto-u.ac.jp/sdgs/kyoto-times/life/
リーフレットもアップしましたので、こちらで全容をご確認頂けます。https://eco.kyoto-u.ac.jp/sdgs/kyoto-times/3014/

(5)【参加者募集!】 かすかべSDGsフォーラム
市民や市内企業を中心に一人ひとりがSDGs(エスディージーズ)を理解し、各自の取組を促進する機会とする
とともに、人や取り組みをつなげるためのフォーラムを開催します。テーマは、「地球はわたしたちみんなのhome(ほーむ)」
子どもから大人まで、楽しめる内容を用意しています。
1.      日時:令和4年3月20日(日曜日)午後1時~午後5時(予定)
2.      開催方法:オンラインによる開催
3.      費用:無料 (注意)インターネット利用に伴う通信料は参加者負担
4.      申し込み方法:令和4年3月16日(水曜日)までに電子申請・届出サービスの
かすかべSDGsフォーラム申込(外部サイト)から申し込んでください。
・リンク:https://s-kantan.jp/city-kasukabe-saitama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=30688
5.      詳細:https://www.city.kasukabe.lg.jp/soshikikarasagasu/seisakuka/gyomuannai/14/8/13571.html

(6)持続可能な開発目標(SDGs)ステークホルダーズ・ミーティング兼 SDGs推進本部円卓会議環境分科会
環境省地球環境局国際連携課では、持続可能な開発目標(SDGs)ステークホルダーズ・ミーティング
第13回会合兼第2回SDGs推進本部円卓会議環境分科会をオンライン形式で開催します。会合では、
SDGsに関する最新動向を紹介しつつ、SDGs達成に向けて環境関連目標と他の項目との相乗効果のも
たらし方等について、構成員・分科会委員を交えて議論を深めます
1.      開催日時:令和4年3月17日(木)13:00~15:00 「Zoom開催」
2.      お申込:リンク先のフォームからお申し込みください(申し込み期限 3/17正午)
https://www.iges.or.jp/jp/events/20220317
3.      主催:環境省

(7) NANCiS年次企画「市民社会スペース・一年のレビュー『もの言えぬ社会を”ゆんたく”する』」
1.      日 時:2022年3月12日(土)13-16時
2.      形 式:オンライン開催(Zoomミーティング)
3.      参加費:無 料(NANCiSの活動を応援できる寄付付き参加チケットもあり
4.      内 容:発題+ゆんたく形式のグループトーク
<テーマ・発題者(予定)>
(1)市民社会スペースの近々の事例見取り図
(加藤良太さん/NANCiSコーディネーター、同志社大学)
(2)ネット・ハラスメント
(交渉中)
(3)「表現の不自由展・その後」
(八木巌さん/NANCiS共同代表、名古屋NGOセンター共同代表)
(4)土地規制法
(谷山博史さん/NANCiSコーディネーター、土地規制法廃止アクション事務局)
(5)プロサバンナ・ナカラ回廊開発計画
(渡辺直子さん/日本国際ボランティアセンター(JVC)理事)
(6)OECD/DACのに見る日本の対CSOの問題
(高柳彰夫さん/NANCiSアドバイザー、フェリス女学院大学
<申し込み方法>https://nancis-yuntaku20220312.peatix.com/

(8)「日本における女性のリーダーシップレポート2022」の公開
レポートでは、日本の教育現場における女性のリーダーシップ育成に関する現状、および課題を調査するため、中学校・
高校に通う女の子2000人にアンケートを行いました。さらに、東京都内の学校(私立の小・中・高)を対象に、生徒
のリーダーシップを育てる取り組みについてのアンケートも実施。レポートには専門家の方々へのインタビューも掲載しま
した。調査結果は繰り返しのリーダーになる経験が、将来リーダーになりたいという意欲を育むこと、他方で学校ではま
だリーダーシップ教育が十分に展開されていないこともあり、意見表明やリーダー兼を積んだ後の振り返りと学びの機会
が限られていること、また学校で目標設定をせずにリーダーに任命してもその効果は限定的にならざるを得ないことが示
されています。日本で女の子たちが「リーダーになりたくない」と考えるのはなぜか、そして学校でどのように経験すべき
なのか、考えるべき課題を紹介していますのでぜひご一読ください
■プレスリリース:
https://www.plan-international.jp/news/girl/20220308_32184/
■レポート(PDF):
https://www.plan-international.jp/activity/pdf/220308_leadership.pdf

(9)第3回 みらいをつくる超・文化祭
学生、企業、NPOなど様々な立場の人が参加して持続可能な未来のために、どんなことができるか、性別や年齢
を越えて、文化祭のように楽しみならが考えよう!という企画です
1.      日時:2022年3月20日(日)10:00?17:00
2.      場所:オンライン 参加費:無料
3.      申込み・詳細:http://www.thinktheearth.net/sdgs/miraitsukuru-chobunkasai2022/

◆編集後記:
3月11日を前に防災、減災、東日本大震災に関連するイベントが多く開催されています。
【令和3年度3県合同シンポジウム】東日本大震災で育まれたレジリエンス?受け継がれるバトンについて?のオンラインアーカイ
ブが期間限定で公開されています。令和3年11月30日(火)開催:特定非営利活動法人いわて連携復興センター・一般
社団法人みやぎ連携復興センター・一般社団法人ふくしま連携復興センター・東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)・
一般社団法人みちのく復興・地域デザインセンターの5団体の主催
■詳細:https://michinoku-design.org/3ken-symposium-2021_report/

「さらなる復興に向けて2022」https://fukkou-forum.jp/

◆ESD-Jで配信したメルマガのバックナンバー◆ https://www.esd-j.org/others/6909
◆ESDイベントカレンダーのリンク◆ https://www.esd-j.org/activity/eventcal

本メールマガジンは、ESD-J会員にお送りしています。
お心当たりのない方、配信停止を希望される方は下記までご連絡ください。