[ESD-Jメルマガ]  Vol.031 (2022年2月第4週号)

[ESD-Jメルマガ]  Vol.031 (2022年2月第4週号)
発行元:持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)
発行日:毎週(木) / 配信先 190件
*******************************************************************

ESD-J会員の皆様
いつもお世話になっております。日は長くなって参りましたが、寒さが続きますね。
さて、今週のメルマガ配信です。
>>>—————————————————————————
<目次>
【1】再掲: 2/26 ESD-Jセミナー「学校教育におけるESD/SDGs」
【2】 3/26 ESD-Jオンライン交流会
【3】助成金・アワードのお知らせ
【4】イベント・研修のお知らせ
【編集後記】(事務局より)
———————————————————————————–<<<

【1】     再掲:【参加者募集】ESD-J オンラインセミナー「学校教育におけるESD/SDGs」
(チラシ添付)
1.      概要:早島町は、「ESD推進の手引き 令和3年5月改訂版」(文部科学省)に
「早島町学校教育ビジョン」(早島町教育委員会)が事例として紹介されているように、学校
教育におけるESD/SDGsを先駆的に取り組んでいます。そのキーパーソンである徳山順子前教育長
をゲストにお迎えし、早島町での取り組み実践から学校教育におけるESD/SDGsについて学び合います。
2.      日時:2022年2月26日(土)13:00~15:00
3.      講師:岡山県早島町教育委員会 徳山順子前教育長、ファシリテーター:
池田満之(岡山ユネスコ協会会長、ESD-J理事)
4.      申し込み:https://forms.gle/cYvKbQ7wdCwvgRvX8

【2】     ESD-Jオンライン交流会
オンラインセミナーの最終回は、今年度の総括と次年度の企画会議を含むオンライン交流会
として開催します。まず、前半パートは2021年度の各回のオンラインセミナーの
コーディネーターがそれぞれのセミナーの要約を共有します。そして、コーディ
ネーターと参加者の皆様とで本年度のオンラインセミナーの特徴、感想、課題等
を討論します。後半のパートは、2022年度のオンラインセミナーのテーマや企画
について意見交換します。来年度のセミナーの企画会議と、ざっくばらんな意見
交換会です。SDGs/ESD推進の課題や、オンラインセミナーへの期待など忌憚のな
いご意見をいただけると幸いです。
■日 時:2022年3月26日(土)13:00~15:00
■講 師(予定):池田 満之、小金澤 孝昭、鈴木 克徳、鳥屋尾 健、福井 光彦
■お申し込み:https://forms.gle/1Dc9B79kv9Khnrtz5
■ちらし:https://www.esd-j.org/news/10245

【3】助成金・アワードのお知らせ
<助成金>
(1)国際女性の地位協会 第 6 回「赤松良子ジェンダー平等基金」
1.      助成の対象となるもの:女性差別撤廃条約の精神に合致し、ジェンダー平等、
女性のエンパワーメント、女性の権利の実現等を目指す実践的活動や調査研究等。
2.      募集期間 2022年2月1日(火)~2022年3月31日(木)
3.      詳細:https://www.jaiwr.com/blank-12

(2)区画整理促進機構「街なか再生助成金」 -2022 年度
1.      助成の対象事業:
・土地区画整理事業等の面的整備事業の立ち上げに向けた取り組み
・土地区画整理事業等の面的整備事業地区 (事業中、事業完了地区) における良好な
環境づくりや賑わいづくりに向けた取り組み
・地区内の既存ストックを活かした街なか再生への取り組み
2.      応募・申請期間:2022 年 3 月 31 日 (木)
3.      詳細:https://shimisen-kyoto.org/subsidy/22749

(3)ゆめ風基金「障害者市民防災活動助成」
特定非営利活動法人【ゆめ風基金】(以下ゆめ風基金と略す) では、大規模な自然災害が
起きたときに、少しでも障害者市民が受ける被害を小さくするため、各地で取り組まれる障害
者市民防災・減災活動に助成を行います。
1.      助成の対象となるもの:障害者市民が災害にあったとき、避難行動や避難生活
がスムーズに行われるための活動、支援を有効に行なうためのネットワークづく
りなど、次のような活動です。
2.      随時募集:申請受付期間は特に設けていません。
3.      詳細:https://yumekazek.com/fund/fund.html

(4)「日本メイスン財団 助成事業」
日本メイスン財団は、フリーメイスンの精神のもと、各種の慈善救済事業を行い、同様の目的
を持つ団体の事業を助成し、また天災、戦争等の被災者・被害者および孤児寡婦を救済す
ることを目的としています。財団が行うこうした支援は、日本国内はもとより、世界各地の社会
福祉・救援活動にまで広がっています。
1.      助成の対象となるもの:福祉、医療、教育、芸術など様々な分野で、社会的弱者
及び障がい児 (者) を対象に活動している団体、法人に対し、機器、施設の改善、
備品の購入など、活動に必要な資金を援助します。
2.      随時募集
3.      詳細:http://www.masonicfoundation.or.jp/guidance.html

(5)冲永文化振興財団「地域文化活動事業助成」-2021 年度
助成の対象となる事業の選考にあたっては、次の事項を考慮し、選考委員会において選考します。
1.      事業が下記の「助成の応募・申請要件」に該当し、かつ、我が国の伝統的な民俗芸能に関連するもの
2.      地域文化発展のための助成効果が期待できるもの
3.      芸術文化団体等の位置づけ・組織が明確であるもの
4.      随時募集
5.      詳細:https://shimisen-kyoto.org/subsidy/9532

(6)「タカラ・ハーモニストファンド 助成事業」-2022 年度
1.      以下の 1. ~ 3. の内容に関する実践的な活動及び研究に対して、助成を行います。
・日本国内の森林・草原、木竹等の緑を保護、育成するための活動または研究。
・日本国内の海・湖沼・河川等の水辺の良好な自然環境を整備するための活動または研究。
・日本国内の緑と水に恵まれた良好な自然環境の保全及び創出に資するための活動または研究。
2.      応募・申請期間:2022 年 3 月 31 日 (木)
3.      https://www.takara.co.jp/environment/fund/pdfs/2022yoko.pdf

(7)あしたの日本を創る協会「地域活動団体への助成 ”生活学校助成”」
1.      対象:身近な地域や暮らしの課題解決に取り組む地域活動団体、全国の生活学校
が連携して行う全国運動に参加する意向のある団体
2.      応募・申請期間:2022 年 4 月 30 日 (土)
3.      詳細:http://www.ashita.or.jp/sg2.htm

【4】イベント・研修のお知らせ
<イベント>
(1)【参加者募集!】 かすかべSDGsフォーラム(チラシ添付)
市民や市内企業を中心に一人ひとりがSDGs(エスディージーズ)を理解し、各自の取組を促進する
機会とするとともに、人や取り組みをつなげるためのフォーラムを開催します。
テーマは、「地球はわたしたちみんなのhome(ほーむ)」子どもから大人まで、
楽しめる内容を用意しています。ぜひ参加してください。
◆日時:令和4年3月20日(日曜日)午後1時~午後5時(予定
◆開催方法:オンラインによる開催
◆費用:無料 (注意)インターネット利用に伴う通信料は参加者負担
◆申し込み方法:令和4年3月16日(水曜日)までに電子申請・届出サービスのかすかべSDGs
フォーラム申込(外部サイト)から申し込んでください。
◆以下リンク:https://s-kantan.jp/city-kasukabe-saitama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=30688
※申込者には、令和4年3月17日(木曜日)に、メールアドレス宛てに、当日の視聴URLの案内を送付します。
◆出演者コメンテーター 木山 裕策(きやま ゆうさく)さん
病を乗り越えながら、会社員と歌手という「2足のわらじ」をこなした木山さんが、全編を通じて参加。
名曲「home」の生歌もお届けします。
◆司会、ファシリテーター 司会 大野 ひろみ(おおの ひろみ) さん埼玉県出身タレント
◆ファシリテーター 鳥屋尾 健(とやお たけし)さん NPO法人 ESD-J理事

◆主な内容(予定)
13:00~ SDGsクイズ 親子でチャレンジ!歌やトークもあります
講師:高橋 朝美(たかはし あさみ)さん(一般社団法人 環境パートナーシップ会議)
14:00~ 子どもの貧困について埼玉県の現状、地域でできること
地域福祉活動に関心のある方、ぜひご覧ください。
講師:草場 澄江(くさば すみえ)さん(NPO法人埼玉フードパントリーネットワーク理事長)
15:00~ 協働でつくる私たちの地域~身近なSDGsを考えよう~
地域みんなで何ができるか、一緒に考えましょう!
講師:高橋 朝美(たかはし あさみ)さん(一般社団法人 環境パートナーシップ会議)
16:00~ かすかべSDGsパートナーズによるリレートーク
私たちの生活に身近な企業が、SDGsの取組について話します。
講師:株式会社 茶夢、有限会社 おづつみ園 代表取締役 尾堤 宏(おづつみ ひろし)さん

◆詳細:https://www.city.kasukabe.lg.jp/shiseijoho/shisaku_keikaku/SDGsmiraitoshi/13968.html

(2)ESD for 2030学び合いプロジェクト 気候変動教育連続勉強会第6回「学校教育におけるESDの
実施状況と教員の意識 -中学校、高等学校に対する全国調査2020の結果から-」
2050年脱炭素社会の実現に向けて各分野で必要とされる人材像を共有し、その育成・輩出に向けた体系の
確立や推進戦略の構築に向けて、国内外の「気候変動教育」に関する動向や事例を学びます。第6回は、
気候変動教育の推進においては不可欠な学校教育における ESDの実施状況と、教員の意識に関する研究
成果についてお話を伺います。
1.      開催日時:令和4年2月25日(金)18:00~19:30「zoom」
2.      講師:谷田川ルミさん(芝浦工業大学 工学部 教職課程 教授)、
栗島英明さん(芝浦工業大学 建築学部 建築学科 教授)
3.      申し込み方法: https://epohok.jp/event/14669
4.      詳細:https://epohok.jp/event/14669

(3)連続オンラインセミナー第4回「食べ物から世界経済の歴史を学ぶ /人類社会の根本的問題とは」
認定NPO法人環境市民では、連続セミナーを開催しています。第4回は、食べ物から学ぶ世界経済の歴史
をテーマにお話しいただきます。今、世界には食品ロスとメタボ問題がある一方で、食糧不足と飢餓問題も未
だに深刻です。日本社会においてもますます深刻化するこれらの問題の根源を整理し、人類社会が取り組む
べき行動、変革を探求します。
1.      日時:2022年3月3日(木)18:30~20:10 オンライン
2.      お申込方法:フォームでの申込:https://forms.gle/5nYcDS59ooSQ6mYo8
3.      メールでの申込(★を@に変えて):life★kankyoshimin.org
4.      詳細:https://enavi-hokkaido.net/event/event_id/14840/

◆編集後記:
「令和3年度ローカルSDGs人材育成地方セミナー」の最終回、全体セミナーを昨日開催し、多くの皆様にご参加
いただきました。鈴木理事の発表資料、実施報告書は追ってウェブサイトに掲載いたします。ご参加いただきました
皆様、並びに本セミナーの広報にご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました。ご協力に深謝いたします。

◆ESD-Jで配信したメルマガのバックナンバー◆ https://www.esd-j.org/others/6909
◆ESDイベントカレンダーのリンク◆ https://www.esd-j.org/activity/eventcal

本メールマガジンは、ESD-J会員にお送りしています。
お心当たりのない方、配信停止を希望される方は下記までご連絡ください。