[ESD-Jメルマガ]  Vol.029 (2022年2月第2週号)

[ESDJメルマガ]  Vol.029 (2022年2月第2週号)
発行元:持続可能な開発のための教育推進会議(ESDJ
発行日:毎週(木) / 配信先 190件
*******************************************************************

ESDJ会員の皆様
いつもお世話になっております。首都圏では、午前中から天気予報通りに雪
が降り続いています。今晩から明日の降雪の交通への影響が心配ですね。
温かくしてお過ごしください。さて、今週のメルマガ配信です。
>>>—————————————————————————
<目次>
【1】再掲:環境省主催「令和3年度ローカルSDGs人材育成地方セミナー」全体セミナー
【2】再掲:ESDJ オンラインセミナー「学校教育におけるESD/SDGs」
【3】助成金・アワードのお知らせ
【4】イベント・研修のお知らせ
【編集後記】(事務局より)
———————————————————————————–<<<

【1】再掲:【参加者募集】環境省主催「令和3年度ローカルSDGs人材育成地方セミナー」
【全体セミナー】みんなで地域の未来を創る! SDGsアクション~人+文化が地域の資源を魅力化!~
全国8地域で開催したセミナーでは、持続可能な地域づくりに向けた様々な創意工夫に
ついて学ぶことができました。 全体セミナーでは、それらの特徴的な部分について取り上
げながら、全国の事例を踏まえ、今後の地域づくりに向けたヒントを探ります。
◆日時:2022年2月23日(祝・水)14:00~16:00 (Zoomウェビナー)
◆講師:【東北】早坂 正年さん (ブルーファーム株式会社 代表取締役)
【九州】堅達 京子さん(NHKエンタープライズ・エグゼクティブ・プロデューサー)
【全体】阿部 治さん (立教大学名誉教授、ESDJ代表理事)
◆プログラム:
1.開会の挨拶
2.8地域の地方セミナーの概要説明
3.地方セミナーの概要紹介(東北地方)早坂 正年さん
地方セミナーの概要紹介(九州地方)堅達 京子さん
基調講演:「SDGsの達成に向けた地域の資源の輝かせ方」  阿部 治さん
4.講師間対談、質疑応答
5.閉会の挨拶
◆申し込み:https://bit.ly/33DkQQs
◆詳細:https://www.esdj.org/news/9618
◆全9回の詳細はこちらをご覧ください:https://www.esdj.org/news/7515

【2】再掲:【参加者募集】ESDJ オンラインセミナー「学校教育におけるESD/SDGs」
1.      概要:早島町は、「ESD推進の手引き 令和3年5月改訂版」(文部科学省)に
「早島町学校教育ビジョン」(早島町教育委員会)が事例として紹介されているように、学校
教育におけるESD/SDGsを先駆的に取り組んでいます。そのキーパーソンである徳山順子前教育
長をゲストにお迎えし、早島町での取り組み実践から学校教育におけるESD/SDGsについて学
び合います。
2.      日時:2022年2月26日(土)13:00~15:00
3.      講師:岡山県早島町教育委員会 徳山順子前教育長、
ファシリテーター:池田満之(岡山ユネスコ協会会長、ESDJ理事)
4.      申し込み:https://forms.gle/cYvKbQ7wdCwvgRvX8

【3】助成金・アワードのお知らせ
<助成金>
(1)国土緑化推進機構「緑の募金助成 ”次世代育成公募事業”」-2022 年度
将来の森づくりのリーダーを育てることを目的に、高校生・大学生などの若者が主体とな
って森林や樹木を保全し増やしていく取組を推進する。また、このことにより国連サミット
で採択された「持続可能な開発目標」 (SDGs) の達成に貢献する。
1.      実施期間:2022 年 7 月 1 日 (金) ~ 2023 年 6 月 30 日 (金)
2.      応募・申請期間:2022 年 3 月 15 日 (火)
3.      詳細:https://www.green.or.jp/bokin/cms/wp-content/uploads/midorinobokin_joseiguide2022.pdf

(2)国土緑化推進機構「緑の募金助成 ”一般公募事業 森林整備・緑化推進”」-2022 年度
1.      複数の都道府県にわたるなど広域的な事業効果の波及が期待され、広く一般参加を呼びかけて行う以下の活動を対象とする。(森林の整備または緑化の推進を行う事業、災害に強い森林づくり事業、山村住民と都市住民の協働による森林の整備、保育園・幼稚園・学校等の園庭、校庭等の緑化の推進、「教育」や「健康」等の分野で、山村地域における森と人とのかかわりの拡大を推進する森林の整備や緑化の推進、間伐材等の利用・加工を行うなど、森林循環の促進に通じる森林の整備、その他、上記に準ずる森林の整備または緑化の推進を目的とする事業、イベント等)
2.      詳細:https://www.green.or.jp/bokin/cms/wp-content/uploads/midorinobokin_joseiguide2022.pdf
3.      応募・申請期間2022 年 3 月 15 日 (火)

(3)国土緑化推進機構「緑の募金助成 ”一般公募事業 国際協力”」-2022 年度
1.      海外で行う以下の活動を対象とする。(砂漠化防止や熱帯林再生のための森林の整備、土砂流失防止・水源かん養・薪炭林造成等のための森林の整備、公園・学校への植樹等による緑化の推進、苗畑整備・育苗や緑化の推進に資する苗木の配布、山火事防止等の森林パトロール、被害調査等の森林保全管理、その他、上記事業に付帯するセミナーや給水施設整備等)
2.      応募・申請期間2022 年 3 月 15 日 (火)
3.      詳細:https://www.green.or.jp/bokin/cms/wp-content/uploads/midorinobokin_joseiguide2022.pdf

(4)国土緑化推進機構「緑の募金助成 ”都道府県緑推推薦事業”」-2022 年度
次の 1. に該当する事業であって、2. 及び 3. の要件を満たす事業を対象とする。
1.      小学生・中学生の「森の学び」(森林環境教育) のフィールドとして「地域のシンボルとなる森づくり」と教育・体験活動等であること。
2.      NPO、自然学校、自治会等の組織が、単独、又は小・中学校、地方自治体等と連携して企画・実施する事業で、1. の目的達成に資するものであること。
3.      整備した森林が将来にわたって、確実に維持管理できる実施体制や仕組みが具体的に計画されていること。
詳細:https://www.green.or.jp/bokin/cms/wp-content/uploads/kodomo-boshuukisoku-r04.pdf
応募・申請期間:2022 年 3 月 15 日 (火)
※本事業は、都道府県緑推推薦事業となります。各都道府県緑化推進委員会までご相談ください。

【4】イベント・研修のお知らせ
<イベント>
(1)「生理が原因で学校に行けなくなる女の子達のお話(ウガンダ)」
オンラインイベント~SDGsよこはまCITY 冬~にてNPO法人Global Bridge Networkはセミナーを開催します。
現在、GBNは「ウガンダの生理で学校に行けなくなる女子学生の教育環境改善事業」を実施しています。代表の大西が2015年にウガンダの女子生徒を巡るこの問題に出会い、本格的に取り組むために法人を立ち上げました。昨今世界で、日本で注目されるようになった生理にまつわる問題にGBNが取り組むことにな
った経緯、生理を巡るウガンダの女子生徒の現状と教育機会の関係等についてお話しします。
1.      日時:2月20日(日)1回目10:30-11:30、2回目15:30-16:30(Zoom開催)
2.      (2回は同じ内容で実施いたします)
3.      詳細:http://sdgs-yokohama-city.org/global-bridge-network/
4.      参加申し込み:http://sdgs-yokohama-city.org/event_entry/
5.      お申し込みは、SDGsよこはまCITYのイベントサイトになります。登録すると全ての団体のイベントの
Zoomリンクへのアクセスができるようになります。
6.      GBNウェブサイト:https://globalbridgenetwork.org/

(2)「ジェンダー平等達成に向けた男の子・男性のエンゲージメント」勉強会(Zoom開催)
プラン・インターナショナルは開発プロジェクトを通して、ジェンダー平等達成に向けた変化を加速させるために、女の子・女性のエンパワーメントだけでなく、ジェンダー不平等とその根本原因となるジェンダー規範や社会制度を変え、男の子・男性のエンゲージメントにも取り組む「ジェンダー・トランスフォーマティブ(変革的な)・アプローチ」を取り入れています。昨年開催したジェンダー・トランスフォーマティブ・アプローチの勉強会では参加者から男性を対象にした活動や男性への働きかけについて高い関心が寄せられたため、「ジェンダー平等達成に向けた男の子・男性のエンゲージメント」におけるプランのアプローチや実践例を紹介し、プロジェクト実践の参考にしてもらうための勉強会を開催します。
1.      日時:2022年2月24日(木)13:00-15:00(2時間) 、15:00-15:30は希望者のみでディスカッション・セッション
2.      言語:勉強会は日本語ですが英語のみの発表があります(質問は日本語でしていただけます)。
3.      参加申し込み:申し込みフォーム記載されている勉強会参加対象をご確認のうえ、2月22(火)昼12:00までにこちらからお申し込みください
4.      詳細:https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdzLqyo7mFKjoS7QEVlRPAoP9KIm2M7THeTd86JRoaem6tJlw/viewform

(3)「誰一人取り残さずに」今こそSDGsの実現を!~地域からのチャレンジが日本を変える・世界を変える~
1.      日時:2022年2月25日(金) 13時~14時50分※ZOOMオープン12時45分
2.      参加対象者:SDGsの目標達成に関心のある方ならどなたでも
3.      参加申込フォーム:(登録〆切:2月25日(金)15時まで)https://zoom.us/meeting/register/tJckdu6sqD8iHtNWUp21Te_D-WAKkoHQ52ex
4.      詳細:https://www.sdgs-japan.net/single-post/20220225seminar

(4)連続ウェビナー・海洋プラスチックの問題を考えよう 第6回 脱使い捨て。リユースの輪を広げよう
海鳥や海洋環境に大きな影響を与えているプラスチックごみ。この問題の解決策として、プラスチック削減の次
に重要になるのが、資源を使い捨てない「リユース」です。グリーンピースジャパンの大館弘昌さんを講師に、さまざ
まなリユースの取り組みや、先進的な政策をご紹介いただき、私たちの暮らしの中にリユースを根付かせ、広げ
ていくにはどうしたらよいかを考えていきます。
1.      講師:大館弘昌氏 (グリーンピースジャパン)
2.      日時:2022年3月18日(金)19:00~20:10(Zoom)
3.      申込:https://form2.wbsj.org/plastics-pollution-20220318
4.      講師プロフィールなど、詳細:https://www.wbsj.org/activity/conservation/law/plastic-pollution/seminar/plastic-event20220318/

(5)インドネシア カカオ農家との取り組み-赤道直下での奮闘-
東京フード株式会社は、インドネシアのボアレモ県という地域で、カカオを通して様々な環境を変えるカカオプロジェクトを実施しています。  海も山もあり自然豊かでトウモロコシをはじめとした農業が盛んな地域ですが、多くの課題を抱えていました。特にトウモロコシ農業による影響です。  本セミナーでは、現地のカカオ農家との取り組みについてお話しいただきます。
1.      日時:2022年2月22日(火)19時から20時 (Zoomによるオンライン開催)
2.      講師:塩見 淳氏(東京フード株式会社 研究技術部 カカオプロジェクトリーダー)、本麻 勇一氏(東京フード株式会社 購買部 課長)、鈴木 加奈氏(東京フード株式会社 営業部 係長)
3.      詳細:https://r11.smp.ne.jp/u/No/449712/eaMUfC33kJaH_28284/449712_220208008.html

(6)オンライン上映会&シンポジウム 浸透性農薬〈ネオニコチノイド〉はヒトにとって安全か?
このたびアクト・ビヨンド・トラスト(abt)およびアジア太平洋資料センター(PARC)は、ネオニコチノイド殺虫剤が哺乳類や人体に対するリスクについて解説し、ネオニコチノイドの脅威から脱却するための可能性を示したショートビデオを共同制作しました。この完成を記念して、作品にご協力いただいたお二人の研究者をゲストにお迎えし、オンラインでの上映会+シンポジウムを開催します。ネオニコチノイドの使用・暴露がどのような影響をもたらし得るのか、それを防ぐために私たちが社会として取り組むべき課題とは何かを議論します。
1.      日時:2022年2月27日(日) 14:00~15:40 (Zoomウェビナー)
2.      詳細:http://www.parc-jp.org/freeschool/event/220227.html
3.      お申込み:http://www.parc-jp.org/freeschool/event/220227.html
※動画は上映会にご参加いただかなくとも、2022年2月28日よりこちらの案内するウェブサイトにて無料でご視聴いただけます

(7)Change Makers Fes 2022 ~誰かのために動く、キミのための日。~
フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、SDGsに紐づく国内外の社会課題に対してアクションを起こした子どもや
若者を応援するイベント『チェンジメーカー・フェス 2022 ~誰かのために動く、キミのための日。~』を開催しま
す。前半・参加者限定オンライン交流会:https://ftcj.org/archives/23329 本年は、こちらに近い形
の交流会に本編(下記)のスピーチやライブパフォーマンスを組み込んで実施します。本編:https://ftcj.org/archives/23263
1.      開催日時:2022年3月19日(土)15~17時(オンライン開催・無料)
2.      参加対象:SDGsに紐づいた国内外の社会課題に対し、何らかのソーシャルアクション(社会貢献活動)を起こし、その詳細・結果を当団体に報告した、25歳以下(2021年4月1日時点)の子どもや若者
3.      特設ページ:https://ftcj.org/changemakersfes

◆編集後記: 12月から実施してきたローカルSDGs人材育成地方セミナーは、2月23日で最終回
となります。会場参加者を募集する予定でしたが、オミクロン株の流行がおさまらないので、完全オン
ラインで開催することとなりました。これまでの地方セミナーにご参加いただいていなくても、簡潔にこ
れまでの実施内容がおさらいできる内容となっておりますので、是非ご参加ください!
お申し込みはこちらから: https://bit.ly/33DkQQs

ESDJで配信したメルマガのバックナンバー
ESDイベントカレンダーのリンク

メールマガジンは、ESDJ会員にお送りしています。
お心当たりのない方、配信停止を希望される方は下記までご連絡ください。