ESD-Jが目指すもの

SDGs(持続可能な開発目標)達成に貢献するESD-Jのビジョンとミッション

〔ビジョン〕

  • ESD-Jは、マルチステークホルダー型の市民組織として、持続可能な開発のために求められる原則、価値観、行動が、教育や学び、人づくり、地域づくりのあらゆる場において主流化していくことを目指す。
  • ESD-Jは、ESDやESDを機動力としたSDGs(持続可能な開発目標)の達成に貢献する。

 

〔ミッション〕

  1. ネットワークの構築:
    マルチステークホルダー型ネットワーク組織の特性を生かしてESD-J会員に依拠しながら、多様な個人と組織をつなぐ。
  2. 政策提言:
    ESD-J会員や地域の声を拾い、ESD活動支援センター等と協働し、ESDやESDを機動力としたSDGsに関する普及・啓発活動に取り組み、政策提言を行う。
  3. ハブ機能:
    ESD活動支援センター(全国センター)の運営を通じて、また、地方のESD活動支援センター等との連携により、ESD推進ネットワークの広域的なハブ機能を果たす。
  4. 人材育成:
    各地のキーパーソンと連携・協働して、それぞれの地域に合ったESDコーディネーター研修等を広め、ESDやESDを機動力としたSDGs推進のための人材育成に貢献する。
  5. 海外とのESD推進ネットワークの構築・強化:
    アジアNGOネットワーク(ANNE)をはじめとする海外とのESD推進ネットワークを構築・強化する。