【実施報告】オンラインセミナーシリーズ 第4回 地域づくりのESD/SDGs

ESD-Jオンラインセミナーシリーズ

4回「地域づくりのESD/SDGs」実施報告

2月27日(土)13:00-15:00 参加者34名

◆司会:池田 満之(ESD-J副代表理事)

1.「地域のネットワークを活用した地域づくり~東北地方の実践から」

◆講師:小金澤 孝昭(ESD-J理事、ESD/ユネスコスクール・東北コンソ―シアム コーディネーター)

東北地方で実践している4つの地域づくり①平泉(世界遺産学習を学校・社会教育と連動させた地域づくり)、②気仙沼(復興、海洋教育を円卓会議方式で地域と学校が連携した地域づくり)、③大崎市(世界農業遺産を活用した持続可能な地域農業づくり)、④只見町(ユネスコエコパーク、ユネスコスクールを活用した只見学、山村留学、産業おこしによる地域づくり)を紹介していただきました。

事例を通じて、求心力のある地域を動かすためのテーマ設定が大切であることが強調されました。そして、子どもが地元の大人と交流しながら地域の良さ学ぶことで、地域の大人への良い影響が生まれ、ESDに取り組むこと自体が地域の活性化につながることが紹介されました。

  1. 「ESDを通した地域の人材育成とSDGs」~これからの学校教育とジオパーク教育の目指すもの〜

◆講師:大塚 明(ESD-J元理事、伊豆半島ジオパーク推進協議会教育部会長、静岡県田方地区教員研修協議会指導講師)

学校教育におけるESDの推進がどのように地域づくりに繋がるのかを天城中学校のESD実践と人材育成の実践、伊豆半島ジオパークにおけるジオパーク教育を基にお話しいただきました。ESDの視点で学習を整理し直すことで、地域への愛着や自尊感情を高める学習を実践することが出来、生徒たちが地域の課題から未来像を描いたり、自分たちにできることを考え行政に提言したりした活動等が紹介されました。そして卒業生の中から、天城中学校の学びを通じて将来地域に貢献できる仕事がしたいとの想いを描き、地元の公務員になった生徒が紹介され、中学校でのESDの学びが将来の進路にも影響していることが伺えました。

<アンケートの集計結果>

今回も、北陸から沖縄まで、全国各地からご参加いただきました。

1.小金澤先生の講演のパートはいかがでしたか。

(理由)

  • とてもわかりやすく、実践例もだしていただき、自分自身の課題ともマッチしていました。
  • 地域でのEDS/SDGsを進める具体性が豊かでわかりやすかった。地域での教材の取り扱い方がよく分かった
  • 平泉の教育的、地域的な取り組みの全体像がわかりました。
  • 地域に必要なこととSDGsをつなげた実践例がとても参考になりました。
  • 特に平泉学の実践については地域の特性が出ていて興味深かったです。
  • 私自身関わっていない活動だったのであまりよく分かりませんでした。

2.大塚先生の講演のパートはいかがでしたか。

(理由)

  • 自分の地域に誇りを持つことの重要性を具体的な事例で紹介いただいた。
  • 学習指導要領にあるから、といったことでなく、学校でESDを進める必然性がよく理解できた。
  • 行政や教育委員会,地域の巻き込みの具体事例を伺うことが出来た。実際に授業に携わった先生の話もあるとより実践的な学びが得られるのではと感じました
  • 体験を通して地域とのつながりを持つことは、学び、考え、自ら行動することですね。学校教育と社会教育が共に歩めることが地域を活性化に結びつくと思います。私も持続可能な開発目標SDGsをもっと子供たちと共に活動を続けていきます。学びのある講演を聴き感動いたしました。
  • 実践の継続によって、変容についても知ることができるとても参考になる取組だと感じました。

3.討議のパートはいかがでしたか。

(理由)

  • 私の地域活動の参考になりました。
  • いろいろな意見交換を興味深く聞きました。
  • 予め資料があれば、もっと質疑応答が活発になったのでは?
  • 自身があまり関わっていない部門に関してはあまりよく分からなかったです。
  • 討議がもう少し活発化すると、より面白かった。
  • 地域でのESDの難しさと、ネットワークの重要性が具体的で理解できました。
  • 質問にお答えいただくことで、課題も明らかになった。

4.今回、オンラインセミナーに期待していたものは得られましたか

  • 地域活動の具体例がとても参考になりました
  • 地域学からESD/SDGsへの進め方のイメージが具体的につかめ、自らの活動を振り返ることができると同時にこれからの活動について考えを深めることができた(学校と地域の連携など)。
  • 現場の実情を知り得る良い機会となりました。
  • 十分ではないが、学校現場でのESD/SGDsの地域に根差した手法のヒントを得ました。
  • ESDによる地域つくりというテーマを多くの人が重視していることがわかりました。

5. 今回のテーマに関するご意見、ご感想、提言などご自由にお書きください。

  • このようなテーマは、今後も重要な課題となってくると思います。ぜひもっと若い方々にも参加していただき、大いに活躍していただきたい。そのためには、ぜひこのようなセミナーを続けていただきたい。
  • ESD/SDGsの理論的な説明より、具体的な事例紹介を希望します
  • 地域づくりが今回のテーマでしたが、学校の位置の重要性に改めて気づかされた。
  • 参加者とグループになって話し合い、内容について共有できることを期待します。コロナが明けたならば‼
  • 学校教育に携わっている方々に、ぜひ聞いていただきたい内容でした。
  • 個人的には高等学校でのESD実践例も知りたかったです。