第1回 ESD CAFE TOKYO 開催レポート(後編)
ESDを広げるためのヒントは、「世代・価値観ごちゃまぜで語り合える場をつくる・参加する」こと イベント参加者の皆さんの声をまとめました

「ESDのこれからについて多様な人と話し合う場をつくろう」

そんな想いで企画が始まったESD-J主催「ESD CAFE TOKYO」は、10月3日阿部治さんをゲストに第1回目が開催されました。
ESDを全く知らなかった方も含め、平日の夕方という時間ながらも13名の方が参加して下さいました。

■ESD CAFE概要
  開催日:2017年10月3日(火)
  時間:18:30~21:00
  参加者:13名
  主催:ESD-J

■プログラム
  1. ゲストトーク
    ESD-J代表理事 阿部治氏「ESDのこれまでとこれから」

  2. ワークショップ
    ①グループに分かれて阿部さんへの質問をまとめ、発表
    ②ESDを広げるために「どうやって場をつくるのか」「どうやって広げていくのか」「どんな情報があればいいか」
    グループで意見をまとめて発表

  3. 参加者の想いを共有

イベント開催レポート後編は、ESDを広げるために「どんな場をつくるのか」「どんな情報があればもっと広げやすいか」というテーマで行ったワークショップの様子と、参加者の皆さんの想いを共有します。

    


ワークショップ(各グループの意見を抜粋)

テーマ:ESDを広げるためにどんな場をつくるか?

・自分の想いを伝える一辺倒ではなく、相手の話・想いを聞く。相手を肯定することで自分も肯定される。知っている世界の中でばかり話すのではなくアウェイのところに行く。そして大切なのは、それをし続けること!

・他人とどう面白がるかが大事。面白がっているところに人は集まると思うので、ESDも面白がろう!

テーマ:どんな情報があればもっと広げやすいか?

・ESDを進めている人や組織、活動が見えるプラットフォームが整備されていないので、ESD-Jにその整備を期待している。そのサイトを訪れることで、多様な分野の人が直接繋がることができるようになるとよい。

・ESDのアルファベット3文字は分かりにくい。最近よく聞くカタカナ言葉で分かった気になるのではなく、私たちは日本人なので日本語で分かりやすく語れるようになりたい。

・ESDをどうやって知ったかグループで話し合ったときに、自分で能動的に調べたり、知人から聞くことでしかESDというワードに辿り着けないことが分かった。
私たちはWEBサイト・SNSで「ちょっとした悩み」を検索することで、共感や安心を得ている。そのような悩みを検索したときに、共感が得られるようなESDの事例を紹介したサイトで人と繋がれるようになりたい。


阿部さん、参加者の皆さんの想い

<参加者>

私は、1992年に開催された「地球サミット」の翌年に生まれました。私たちの世代は「世界は持続可能ではない」こと、大量消費を続けていてはいけないということが分かっていると思います。
若い世代は未来に希望を見ることが難しい。「どうせ変わらない」という意識がある。
けれど自分が気になって調べたワードがESDに繋がり、「ちょっと興味あるかも」に変えていくことが大切だと思います。

<阿部さん>

僕らの世代は高度経済成長期の時代に生まれ育ち、バブル経験者。
そういう世代はどこかに「バブルをもう一度」みたいな気持ちがあったりする。
現代は、成熟社会の中で今までなかった未来を描くことが求められています。そこで必要なのは若い世代の力と、過去を懐かしむ世代がアップデートできる仕組み。
今のシニア層の中には、若い人たちが地域づくりを楽しんでいる姿をみて、「自分もやってみたい」と考えている人も多いと思います。
そのアップデートのためには、多様な世代、価値観の人と交流する場が大切だと思う。

<参加者>

・活動をどうやって広めるかという悩みを普段仕事しながら漠然と思っていたが、皆同じ問題意識を持っていた。立場の異なる人たちが意見を出し合う、今日のような場はとても良いと思った。

・多様な世代の方と接し、人間にとって「自分と同じだな」と共感できる人がいることが大切で必要なのだと改めて感じました。

<阿部さん>

ESD-Jはこれまで様々な活動を行ってきて、現在はESD活動支援センターに注力しているのだが、今回のイベントのような「場づくり」はとても大切で続けていかなければならないと改めて思いました。
若い世代もシニア世代も、同じような想いを持ち、未来を良くしていきたいと考えている。そんな想いを、一緒に楽しみながら解決していけたらいいですね。


今回のイベントで改めて「多様な人が学び合える場をつくり、それを続けていく」ことの大切さを感じました。
そこでは、相手の言葉に耳を傾け肯定し、互いの悩みや想いを共有することで、ひいては自身をアップデートすることに繋がります。

みなさんの身近に、そのような「場」はありますか?
普段と違う場所、コミュニティーへ飛び込むことはハードルが高いと感じている人もいるかもしれませんが、まずは惹かれる場所や人との出会いをきっかけに気軽に参加してみてはどうでしょうか?
そこには、新たな学びや素敵な出会いが待っていると思います。

ESD-Jでは今後もこのような多様な世代、価値観の人たちが意見を出し合い、学び合うことができる場としてESD CAFE TOKYOを開催する予定です。

WEBサイトやFacebookページ、メールで情報発信していきますのでお気軽に参加頂けたらと思います。
(ESD-J 事務局)