ブログアーカイブ

市民社会からの挑戦 ―ESD推進12年間の軌跡    (ESD-J活動報告書(2003~2015))

12year_report-1

市民社会からの挑戦 ―ESD推進12年間の軌跡
ESD-J活動報告書(2003~2015)

2016. 3月発行
2016.11月再版
A4版 68ページ

※ 冊子をご希望の方は、事務局(jimukyoku◎esd-j.org)までご連絡ください。
会員価格 ¥   500 (送料込み)
一般価格 ¥1,000 (送料込み)

目次:

はじめに
ESD-J12年レポート座談会
14の物語
1 地域のネットワーク形成
2 多様なステークホルダーをつなぐ基盤
3 東日本大震災とESD
4 記号におけるESD推進
5 ESDの概念づくり
6 地域におけるESDモデルづくり
7 学校におけるESDモデルづくり
8 生物多様性×ESDプロジェクト
9 ESDコーディネーターの仕組みづくり
10 ESDの10年開始時における政策提言活動
11 ESDの10年中間年に向けた政策提言活動
12 ESDの10年最終年に向けた政策提言活動
13 ESDの10年後の体制づくりに向けた提言活動
14 アジアネットワークの形成
ESD-J12年の軌跡
おわりに
団体正・準会員、賛助会員、連携交流団体名簿
役員およびスタッフ
執筆者一覧

カテゴリー: ESD-J年次報告書, おすすめの書籍

ESD-J2013年度活動報告書<2014.12.25>

官民協働で「ESDを推進する仕組み」をつくろう!

houkokusho_2013

コンテンツ
ESD-J 2013年度の成果ダイジェスト
数字で見る2013年度の ESD-J
2014年ESD世界会議および2015年以降の推進体制づくりに向けた準備および提言活動事業
地域におけるESD推進とコーディネーターの社会化推進事業
学校と地域が連携したESD推進の仕組みづくり事業
国際ネットワーク推進事業
震災復興とESDをつなぐ事業
普及啓発、情報収集、提供およびインフラ構築事業
地域発ESD ESD-J地域担当理事レポート
ESD-J2013年度活動履歴
団体正会員・賛助会員・特別賛助会員・連携交流団体名簿
役員および実施体制
2013年度決算見込

サイズ:A4版/32ページ

カテゴリー: ESD-J年次報告書

ESD-J2012年度活動報告書<2013.09.02>

10年の総括となる第4のステージ(2012-2014)へ

コンテンツ
ESD-J 2012年度の成果ダイジェスト
数字で見る2012年度の ESD-J
震災復興とESDをつなぐ事業
学校と地域が連携したESD推進の仕組みづくり事業
地域におけるESD推進とコーディネーターの社会化推進事業
国際ネットワーク推進事業
普及啓発、情報収集、提供およびインフラ構築事業
2015年以降に残すべきESD推進の仕組みの在り方検討事業
ESD-J2012年度活動履歴
団体正会員・賛助会員・特別賛助会員・連携交流団体名簿
役員および実施体制
2012年度決算見込

サイズ:A4版/32ページ

カテゴリー: ESD-J年次報告書

ESD-J2011年度活動報告書<2013.09.02>

震災をふまえてあらためて考える 持続可能な未来と地域

コンテンツ
ESD-J 2011年度の成果ダイジェスト
数字で見る2011 年度の ESD-J
震災復興・地域再生支援にむけた対話の場づくり事業
学校におけるESD推進事業
地域におけるESD推進とコーディネーターの社会化推進事業
国際ネットワーク推進事業
普及啓発、情報収集、提供および出版事業
組織基盤強化事業
ESD‐J2011年度活動履歴
団体正会員・賛助会員・特別賛助会員・連携交流団体名簿
役員および実施体制
2011年度予算・決算見込み

サイズ:A4版/36ページ

カテゴリー: ESD-J年次報告書

ESD-J2010活動報告書<2012.04.17>

2014年に向けてESD推進の基盤を整えた1年

houkoku_2010

コンテンツ
1.2010年度の重点目標の具体的な成果
① ESDを推進するインフラとして、「+ESDプロジェクト」を本格スタート
② ESD推進を担うコーディネーターの育成のあり方について、「とりまとめ文書」を作成
③ 学校教育におけるESD推進について、教員/コーディネーター研修の実施を踏まえ、冊子「希望への学びあい2」を発行 
④ 生物多様性保全には地域づくりの視点と担い手育成が大切という認識をCBD/COP10 等でアピール
⑤「アジアESD ネットワーク再構築に向けた検討」のためアジアでのワークショップを実施、
「持続可能な開発の促進・強化に向けたフォーラムの企画・開催、提言の検討」のため東京で国際公開フォーラムを開催
が挙げられる。

代表理事の交代を受け、組織運営理事・地域担当理事の体制を導入
地域事業の開催などに着手し始める

2.東日本大震災への対応
多くの会員団体・個人が、緊急支援、学び合いの場づくりなどの実践活動に立ちあがっている。ESD-Jではウェブサイト・会員メーリングリストを活用して、情報発信と後方支援に務めてきた。ESD-Jはネットワーク組織として、第一義的にはそれらの動きを把握し、伝えることで、より多くの活動を誘発していく役割を果たしていく。

サイズ:A4版/36ページ

カテゴリー: ESD-J年次報告書

ESD-J活動報告書2009<2010.06.14>

ESD推進のしくみを実現する第3のステージ(2009-2011)へ

houkoku_2009

コンテンツ
ESD-J 2009 年度の成果ダイジェスト数字で見る2008 年度の ESD-J
数字で見る2009 年度の ESD-J
地域ネットワークプロジェクト
政策提言・調査研究プロジェクト
研修・普及プロジェクト
情報共有プロジェクト
国際ネットワークプロジェクト
ESD-J 2009 年度活動履歴
会員アンケート
団体正会員・賛助会員・連携交流団体名簿
役員および実施体制
2009 年度予算・決算見込

サイズ:A4版/40ページ

カテゴリー: ESD-J年次報告書

最新のお知らせ

アーカイブ